2019年12月12日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、5G通信に対応可能な高速仮想スイッチを実現するPRIMERGYの新モデルを販売開始


東京, 2019年12月12日 - (JCN Newswire) - 当社は、PCサーバ(注1)「FUJITSU Server PRIMERGY」シリーズにおいて、第5世代移動通信方式(以下 5G、注2)向けの高速仮想スイッチを実現する新モデル「PRIMERGY RX2530 M4p」を、12月12日より日本国内で販売開始します。

本モデルは、FPGA(注3)一体型「インテル(R) Xeon(R) Gold 6138P プロセッサー」を標準搭載し、FPGAに当社が独自に設計した論理回路を組み込むことで、仮想ネットワーク上のパケット処理を実行する仮想スイッチの機能を持ったサーバです。これにより、従来のCPUのみを利用した仮想スイッチに比べて約4.5倍のパケット処理速度を実現し、低遅延かつ高速なデータ転送を可能とします。

今後も、当社は、5G時代における新たなサービスのネットワークを支え、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に貢献していきます。

背景
企業のデジタル革新が進む中、ストレージやネットワークなどの機能をサーバ上で仮想的に実装することで、柔軟なリソース配分やIT設備を集約化するニーズが高まっています。また、特にネットワークにおいては、今後の5Gの普及により、急増するトラフィックへの対応や新サービスへの迅速な対応など、ますます複雑化することが予想されますが、仮想環境下のソフトウェアによるネットワーク制御は処理性能に限界があり、課題となっています。

「PRIMERGY RX2530 M4p」の特長
本モデルは、FPGA一体型「インテル(R) Xeon(R) Gold 6138Pプロセッサー」を搭載し、当社が独自に設計した論理回路をFPGAに組み込むことで、高速仮想スイッチを実現します。

さらに、株式会社富士通研究所(注4)が開発した、仮想マシンと仮想スイッチ間のインターフェース変換技術や、同一サーバ内の複数のFPGAを活用して仮想スイッチのポート数を増やす技術により、仮想環境下における高速なネットワークの構築を支援します。

1. 仮想環境下で低遅延のパケット処理を実現
仮想スイッチのパケット転送処理を、CPUと一体化したFPGAにオフロードさせることで、膨大な音声やセンサーなどのデータを想定した64バイト長ショートパケットを毎秒1億回処理することができます。これは、従来のCPUのみを利用した仮想スイッチと比べて約4.5倍の処理速度に相当し、5G通信での超低遅延なデータパケット転送を可能とします。

2. 既存の仮想ネットワークを簡単に高速化
本モデルは、FPGAを仮想スイッチとして動作させるためのソフトウェアと一緒に提供するため、お客様は既存の仮想ネットワーク環境と同じ設定を行うことで簡単にネットワークの高速化を実現できます。

3. 効率的なリソース配分を実現
FPGAとの併用により、余剰となったCPUコアをファイアウォールやロードバランシングなどのアプリケーション処理に振り向けることができ、効率的なリソース配分を実現します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/12/12.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、電子チケットサービス「チケットレボリューション」が北海道日本ハムファイターズ様に採用
2020年01月27日 14時00分
 
富士通、教育現場における使いやすさを徹底追求した文教向けタブレットなど法人向けパソコン6シリーズ9機種を新発売
2020年01月23日 11時00分
 
富士通グループ、CDPの「気候変動」の調査で3年連続の最高評価を獲得
2020年01月20日 15時00分
 
JCBと富士通、新たな決済連携プラットフォーム創出に向けた共同プロジェクトを開始
2020年01月17日 11時00分
 
富士通とUpstream Security、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業を開始
2020年01月16日 15時00分
 
富士通、従業員7万人を対象とした大規模ながん教育を実施
2020年01月15日 11時00分
 
パーセプティン、平城宮跡歴史公園での自動運転バスの実証実験で富士通の「オンデマンド交通サービス」を採用
2020年01月09日 11時00分
 
JTB・ANA・富士通、発達障がいのある子どもたちのためのサッカー観戦交流イベントが「IAUD国際デザイン賞2019」で金賞を受賞
2019年12月23日 16時00分
 
富士通研究所、高電子移動度トランジスタがIEEEマイルストーンに認定
2019年12月18日 18時00分
 
富士通、北海道広域で観光客などの人の流れをIoTで可視化する実証を開始
2019年12月10日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>