2019年12月12日 14時00分

Source: NEC Corporation

NICT・高知工科大・NECなど、秘密分散と秘匿通信技術を用いた電子カルテ保管・交換システムを開発

南海トラフ地震等の災害想定実験において、医療データを迅速に復元

東京, 2019年12月12日 - (JCN Newswire) - 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)と高知県・高知市病院企業団立高知医療センター(病院長: 島田 安博)及び連携協力機関から成るチームは、秘密分散技術*1と秘匿通信技術*2を組み合わせることにより、電子カルテデータのセキュアなバックアップと医療機関間での相互参照、災害時の迅速なデータ復元を可能とするシステムを開発しました。

このシステムを用いた実証実験では、800km圏のネットワークで結ぶ高知医療センターと大阪、名古屋、大手町、小金井にあるデータサーバに、1万人分の電子カルテの模擬データを分散保管しました。次に、南海トラフ地震等により四国エリアが被災したというシナリオの下、それぞれのデータサーバから処方履歴、アレルギー情報などの災害時医療に必要とされるデータ項目を小金井のサーバ上に復元し、衛星回線経由で高知医療センターの端末に伝送しました。その結果、高知医療センターの端末で患者検索してから9秒以内で医療データを復元することに成功しました。これは、救急時の猶予時間といわれる15秒程度の要求に応えるものです。

今回の結果により、災害時に必要な医療データを迅速に届けることが可能になり、災害医療に大いに役立つことが期待されます。また、地上網が使える平時においては、医療機関の間で電子カルテデータを相互参照することが可能になります。なお、本成果について、京都で開催される日米欧量子技術国際シンポジウム(EU-USA-Japan International Symposium on Quantum Technology)にて、12月16日(月)に発表します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201912/20191212_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、2020年3月期 第3四半期決算短信[IFRS](連結)を発表
2020年01月29日 16時00分
 
NEC、役員の異動を発表
2020年01月29日 16時00分
 
NEC、三井不動産グループの新ホテルブランド「sequence」に顔認証技術を活用したスマートホスピタリティサービスを提供
2020年01月28日 13時00分
 
NEC、基地局のアンテナを分散設置する技術を開発し5Gミリ波周波数帯の通信品質を向上
2020年01月24日 11時00分
 
NECと日立、RPA運用最適化など運用管理ソフト分野における協業を拡大
2020年01月23日 10時00分
 
ふくおかフィナンシャルグループとNEC、金融業界初、「マイナポータルAPI」との連携に向けた実証実験を開始
2020年01月22日 15時00分
 
横浜市立大学と日本電気株式会社が協定を締結 データサイエンス分野で企業連携を推進
2020年01月22日 10時00分
 
NECソリューションイノベータ、「NEC HR Tech クラウド」の最新版を提供開始
2020年01月21日 12時00分
 
NEC、イベント会場などで高信頼5G伝送ネットワークを迅速に構築可能な5Gモバイルコアシステムを開発
2020年01月20日 13時00分
 
オリックス・レンテックとNECロボットシステムインテグレータ事業で協業
2020年01月20日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>