2020年01月15日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、従業員7万人を対象とした大規模ながん教育を実施

従業員の健康意識向上に向けた大規模健康教育を開始

東京, 2020年01月15日 - (JCN Newswire) - 当社は、従業員一人ひとりが心身ともに健康でいきいきと働くことができる環境づくりの一環として、2019年度より従業員の健康への意識や維持・増進に向けた知識の向上を図るため、国内グループ従業員約7万人を対象とした健康教育を開始します。

初回は、就労者における発症者数が増加しているがんに着目し、東京大学医学部附属病院放射線科の中川恵一准教授(以下、中川准教授)の協力のもと、「がん予防と、治療と仕事の両立支援」をテーマとした講義とe-Learningを組み合わせたがん教育を、2020年1月より実施します。

当社は今後、様々なテーマでの健康教育を定期的に実施し、従業員の健康維持・増進を支援していきます。また、「健康経営優良法人2019」(注1)の認定企業、および「がん対策推進企業アクション」(注2)の推進パートナーとして、従業員だけでなく、その家族やお客様、取引先などの多様なステークホルダーに向け、健康経営やがんに関する理解促進に繋がる情報発信を推進していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/01/15.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通グループ、CDPの「気候変動」の調査で3年連続の最高評価を獲得
2020年01月20日 15時00分
 
JCBと富士通、新たな決済連携プラットフォーム創出に向けた共同プロジェクトを開始
2020年01月17日 11時00分
 
富士通とUpstream Security、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業を開始
2020年01月16日 15時00分
 
パーセプティン、平城宮跡歴史公園での自動運転バスの実証実験で富士通の「オンデマンド交通サービス」を採用
2020年01月09日 11時00分
 
JTB・ANA・富士通、発達障がいのある子どもたちのためのサッカー観戦交流イベントが「IAUD国際デザイン賞2019」で金賞を受賞
2019年12月23日 16時00分
 
富士通研究所、高電子移動度トランジスタがIEEEマイルストーンに認定
2019年12月18日 18時00分
 
富士通、5G通信に対応可能な高速仮想スイッチを実現するPRIMERGYの新モデルを販売開始
2019年12月12日 11時00分
 
富士通、北海道広域で観光客などの人の流れをIoTで可視化する実証を開始
2019年12月10日 11時00分
 
富士通、川崎重工業様の航空機製造業務プロセスの効率化を支援するSAPソリューションの導入に向けて設計を完了
2019年12月05日 11時00分
 
富士通と富士通研究所、GaN HEMTの放熱効率を高めるダイヤモンド膜の形成に成功
2019年12月05日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>