2020年01月28日 10時00分

Source: Mitsubishi Electric

三菱電機、曖昧な命令を理解する「コンパクトな知識処理に基づくHMI制御技術」を開発

エッジ機器単体で命令を自動補完し、素早い機器操作を実現

TOKYO, 2020年01月28日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、当社AI技術「Maisart(マイサート)※1」を用いて、人の曖昧な命令を、エッジ機器単体で状況に応じて不足情報を自動補完して理解する「コンパクトな知識処理に基づくHMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)制御技術」を開発しました。知識処理の演算量とメモリー使用量を削減することで、家電製品や車載情報機器などのエッジ機器のHMIに適用でき、素早い機器操作を実現します。

開発の特長

1. ユーザーの曖昧な命令を、AIが状況に応じて不足情報を自動補完して理解
- AIが機器情報や機器操作方法を事前に学習
- ユーザー命令やユーザーに対するカメラやマイクからのセンシング情報を統合し、ユーザーの状況(今はTVを視聴しない状態、放送番組予定あり、母の嗜好、など)を把握
- ユーザーの状況に関連性が高い情報や機器操作方法をもとに、ユーザーの曖昧な命令に不足している述語や目的語などの情報をAIが自動補完し、命令を理解

2. 知識処理のコンパクト化により、エッジ機器単体でユーザーの要求に素早く応答
- 統合された情報の中から、ユーザー命令やセンシング情報などと関連性が高い情報に絞り知識処理を行うことで演算量とメモリー使用量を削減
- エッジ機器単体で曖昧な命令を1秒以内で理解し、即時に応答

今後の展開

今後、家電や車載情報機器などへの本技術の適用を検証し、2022年以降の商用化を目指すとともに、当社内での問い合わせ業務や品質管理業務への適用を検討します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0128-a.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Electric
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱電機、「温室効果ガス・水循環観測技術衛星(GOSAT-GW)」の本格的な開発に着手
2020年03月30日 10時00分
 
三菱電機、生産現場の改善活動を効率化する「生産ライン改善支援技術」を開発
2020年03月26日 10時00分
 
三菱電機、電力変換器の高電力密度化を実現する部品高集積化技術を開発
2020年03月25日 12時00分
 
三菱電機、「第69回 電機工業技術功績者表彰」最優秀賞を2件受賞
2020年03月19日 10時00分
 
三菱電機、千葉県内の野球場2カ所に「オーロラビジョン」を納入
2020年03月19日 10時00分
 
三菱電機、「MEMS式車載LiDAR(ライダー)」を開発
2020年03月12日 13時00分
 
三菱電機、配電用変圧器の価格改定のお知らせ
2020年03月11日 11時00分
 
三菱電機、「火星衛星探査計画(MMX)探査機システム」の本格的な開発に着手
2020年02月21日 15時00分
 
三菱電機、サンガスタジアム by KYOCERA向けに複数の映像装置を一括納入
2020年02月21日 10時00分
 
三菱電機、産業用三菱TFT液晶モジュール「DIAFINE」10.4型XGAサンプル提供開始
2020年02月19日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>