2020年02月04日 12時00分

Source: Mitsubishi Electric

三菱電機、ビル内ダイナミックマップを用いた「モビリティ・ビル設備連携制御技術」を開発

ビル管理の省力化と人・ロボットがビル内で安全に共存するスマートビルの実現に貢献

TOKYO, 2020年02月04日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、ビル内ダイナミックマップ※1を用いて、清掃・警備・配送・案内用サービスロボットや次世代型電動車椅子などのパーソナルモビリティの各種モビリティと、エレベーターや入退室管理システムといったビル設備を連携制御する技術を開発しました。モビリティと人の効率的かつ安全なビル内縦横移動が可能になり、ビル管理の省力化と人とロボットが安心に共存する「スマートビル※2」の実現に貢献します。

開発の特長

1. ビル内ダイナミックマップを用いた管制で、モビリティの効率的な移動を実現
- ビル内ダイナミックマップを用いて複数モビリティに移動ルートやタイミングを自動で指示し、最適な移動経路に誘導
- 各種モビリティの移動に合わせて、エレベーターや入退室管理システムといったビル設備を連携制御し、モビリティの効率的な縦横移動を実現
- モビリティの位置やエレベーターの稼働状況を見える化し、モビリティの故障発生時などにビル管理者の業務負荷を軽減

2. アニメーションライティング誘導システム※3との連携で、人の安全な移動を支援
- モビリティのエレベーター乗降に合わせて、エレベーターホール床面にアニメーションライティングによる案内表示を行うことで、人に注意を喚起
- モビリティが進む方向を事前に床面に表示し、人が安全にすれ違えるよう支援

今後の展開

今後、デベロッパーやモビリティメーカーとの共同実証を通じて開発を進め、ビル利用者の安全に配慮したロボットの縦横移動を支援するサービスとして、2020年度以降の実用化を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0204-a.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Electric
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱電機、「温室効果ガス・水循環観測技術衛星(GOSAT-GW)」の本格的な開発に着手
2020年03月30日 10時00分
 
三菱電機、生産現場の改善活動を効率化する「生産ライン改善支援技術」を開発
2020年03月26日 10時00分
 
三菱電機、電力変換器の高電力密度化を実現する部品高集積化技術を開発
2020年03月25日 12時00分
 
三菱電機、「第69回 電機工業技術功績者表彰」最優秀賞を2件受賞
2020年03月19日 10時00分
 
三菱電機、千葉県内の野球場2カ所に「オーロラビジョン」を納入
2020年03月19日 10時00分
 
三菱電機、「MEMS式車載LiDAR(ライダー)」を開発
2020年03月12日 13時00分
 
三菱電機、配電用変圧器の価格改定のお知らせ
2020年03月11日 11時00分
 
三菱電機、「火星衛星探査計画(MMX)探査機システム」の本格的な開発に着手
2020年02月21日 15時00分
 
三菱電機、サンガスタジアム by KYOCERA向けに複数の映像装置を一括納入
2020年02月21日 10時00分
 
三菱電機、産業用三菱TFT液晶モジュール「DIAFINE」10.4型XGAサンプル提供開始
2020年02月19日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>