2020年02月06日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、HDDの次世代記録技術HAMR対応HDメディアの製造技術を開発


東京, 2020年02月06日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、ハードディスクドライブ(以下、HDD)の次世代記録技術である熱アシスト磁気記録(以下、HAMR(注))に対応した次世代HDメディアの製造技術を開発しました。

HAMR媒体の透過型電子顕微鏡画像:平面(左)と断面(右)


クラウドサービスの普及や動画コンテンツ、画像共有サイトなどの急拡大により世界のデータ生成量は年率40%以上の増加が見込まれ、大量のデータを保管するデータセンターでは、より大容量のHDDが求められています。HDメディアは磁性体粒子の極性により情報を記録しますが、従来の磁気記録方式はデータ記録密度の向上スピードが鈍化しており、熱的に安定な磁性体粒子を微細化し、かつ情報の書き直しを容易にするHAMR等の新しい記録方式と、それらに対応する次世代HDメディアが求められています。

当社は、HAMR対応HDDの製品化に貢献するため、最も強力な磁性材料の一つで耐食性にも優れるFe-Pt系磁性合金薄膜を用い、磁気記録層の層構成、メディア製造時の温度制御等に独自の工夫を加えることにより、現在の最先端HDメディアの数倍もの高い保磁力を有しながら、結晶粒径の微細化と最適な分散制御により低ノイズを実現し、電磁変換特性・耐久性ともに業界最高レベルに達するHDメディアの製造に成功しました。今後、本格的な供給へ準備を進めてまいります。

当社グループは、個性派企業(収益性と安定性を高レベルで維持できる個性派事業の連合体)の実現をVision(目指す姿)としており、ハードディスク事業は当社の個性派事業のコアの一つと位置付けています。今後も“ベスト・イン・クラス”をモットーに、世界最大のメディア専業メーカーとして、HAMR、MAMRなどの次世代記録技術に対応した業界最高クラスの製品をいち早く市場に投入し、HDDの高容量化に貢献してまいります。

(注)HAMR(Heat Assisted Magnetic Recording):微細な粒子構造、耐熱揺らぎ性能、磁化のしやすさの3要素を同時に満足させることが困難な状態を指す「磁気記録のトリレンマ」を解決するために、記録時に磁性膜を局所的に加熱して記録する方法。従来の磁気記録方法を用いたHDメディアの記録密度が約1.14Tb/in2であるのに対し、HAMR技術を使用した場合、将来には5-6Tb/in2を実現できるといわれており、同じディスク枚数であれば、3.5インチHDD1台当たり70-80TB程度の記録容量が実現可能と想定されている。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2020/37881.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室 03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ, デジタル

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


昭和電工、定款の一部変更に関するお知らせ
2020年02月13日 15時00分
 
昭和電工、「代表取締役および役員の異動に関するお知らせ」の一部変更のお知らせ
2020年02月13日 15時00分
 
昭和電工、減損損失(特別損失)の計上に関するお知らせ
2020年02月13日 15時00分
 
昭和電工、2019年12月期通期連結決算を発表
2020年02月13日 15時00分
 
昭和電工、球状アルミナの生産性および品質安定化に寄与するAI画像解析システムを開発
2020年02月12日 11時30分
 
昭和電工、アンモニアの販売価格改定を発表
2020年02月12日 11時30分
 
昭和電工、AIを用いた設備投資審査知見活用システムを導入
2020年02月06日 11時30分
 
昭和電工、黒鉛電極事業欧州生産拠点見直しについての労使協議開始
2020年02月05日 10時00分
 
昭和電工、アクリロニトリルの販売価格改定を発表
2020年01月20日 11時30分
 
昭和電工、不飽和ポリエステル樹脂およびビニルエステル樹脂事業の生産体制最適化を決定
2020年01月20日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>