2020年02月10日 16時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工、ボーイング787型機の複合材主翼1000号機目を出荷

自動化による生産性向上をさらに推進へ

東京, 2020年02月10日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業株式会社は10日、米国ボーイング社の中型ジェット旅客機787型機(ボーイング787)の1000号機目となる複合材主翼を名古屋航空宇宙システム製作所 複合材主翼センター(愛知県名古屋市港区)から出荷しました。2007年5月の初号機出荷からの大台達成となります。記念の複合材主翼は、同センターに隣接する東名古屋港埠頭から船で中部国際空港に運ばれてのち、専用貨物機 "ドリームリフター" でボーイング社のチャールストン工場(サウスカロライナ州ノースチャールストン市)へ輸送される予定です。

出荷当日には、これを記念して出荷式を開催。式典には、ボーイング ジャパン社長 ウィル シェーファー氏をはじめ多数の方々にご列席頂き、お祝いの言葉を頂きました。

ボーイング787の複合材主翼は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を旅客機では初めて採用。従来のアルミ合金やチタン合金に比べ強度・剛性および耐食性に優れ、大幅な軽量化と従来機比20%以上の燃費向上につなげ、最高レベルの環境パフォーマンスを実現しています。

こうした優れた特徴を持つボーイング787の需要は堅調で、わずか13年という短期間での1000号機出荷を達成しました。当社が1000号機出荷まで歩んできた歴史において、AI(人工知能)・デジタル技術などの技術革新を取り入れ、品質向上と生産拡大、原価低減の実現に向けて、自動穴あけ機やシール塗布ロボット、艤装ムービングラインなどの導入による自動化・省人化により効率化をはかり、民間航空機事業における確かなモノづくりの技術の蓄積と発展に努めてきたものです。

三菱重工は、これからもさらなる生産性向上に向けて自動化に取り組み、信頼性の高い技術によって世界中の人々に快適な空の旅を届けてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/story/20021002.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工冷熱、直膨式エアハンドリングユニット「ダイレクトX Comfort」を開発
2020年09月28日 12時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、ビル用マルチエアコンの3D-CADデータを9月から順次公開 空調機器のBIM対応へ
2020年09月24日 13時00分
 
三菱重工、機構改革及び人事異動を発表
2020年09月24日 09時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2020年09月23日 17時00分
 
三菱重工、統合レポート「MHI REPORT 2020」を発行
2020年09月17日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、豪州・ニュージーランド市場向けエアコンが顧客総合満足度1位を獲得
2020年09月14日 12時00分
 
三菱重工、ENEOSと製油所向けプラント巡回点検防爆ロボットの共同開発契約を締結
2020年09月10日 14時30分
 
三菱重工エンジニアリング、広島高速交通株式会社から“アストラムライン”の新型車両13編成(78両)を受注
2020年09月10日 13時30分
 
三菱重工冷熱、加湿器「roomist」の2020年モデル スチームファン蒸発式4機種を発売
2020年09月09日 13時00分
 
三菱造船、舶用SOxスクラバーシステム DIA-SOx(R) 年初から3船種22隻への搭載を完了
2020年09月04日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>