2020年02月14日 09時00分

Source: Toyota

TOYOTA、GRスープラ(3.0L)のエンジン改良型を発表

最高出力を14%向上

豊田, 2020年02月14日 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、米国東部時間2月13日、フロリダ州デイトナでエンジンに改良を加え最高出力を高めたGRスープラ(3.0L)を発表しました。日本での発売は2020年秋以降を予定しています。

今回のエンジン改良では、エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用による圧縮比の変更を行いました。これにより、エンジン最高出力を従来型335hp/5,000-6,500rpmから382hp/5,800-6,500rpm(従来型比+14%)、最大トルクを従来型365lb.ft.(ポンド フィート)/1,600-4,500rpmから368lb.ft./1,800-5,000rpmとしています。加速性能は、時速0-60Mileにおいて3.9秒(従来型比-0.2秒)とパワフルな走りに磨きをかけました。

さらに、フロント部にブレースを追加しボディ剛性の強化を図るとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニングすることでコーナリング中の安定性を高めました。

TOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツ活動を通じてクルマを鍛え、人を鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んでいます。これまでの取り組みで蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ込んだGRスープラは、お客様に心から走りを楽しんでもらえるクルマとして今後も進化を続けます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/31587374.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタ・モビリティ基金、マレーシアの首都クアラルンプール市において、データを活用した革新的な都市モビリティの実現を目指すアイデアコンテストを開始
2020年02月13日 16時00分
 
トヨタ自動車、レンタカーサービスのクラス体系および料金をリニューアル
2020年02月13日 13時30分
 
トヨタ自動車、省燃費性能をさらに高めた超低粘度エンジンオイル「GLV-1 0W-8」を開発
2020年02月10日 13時30分
 
TOYOTA GAZOO Racing、2020年の活動計画を発表
2020年02月07日 13時30分
 
トヨタ、2020年3月期 第3四半期決算発表
2020年02月06日 13時30分
 
トヨタ、船舶向けに初の燃料電池システムを開発し、フランスの「エナジー・オブザーバー号」に搭載
2020年02月04日 07時00分
 
トヨタとパナソニック、車載用角形電池事業に関する合弁会社の設立を決定
2020年02月03日 15時30分
 
トヨタ自動車、ビッグデータを活用した、ペダル踏み間違い時の「急アクセル時加速抑制機能」を開発、本年夏に導入
2020年02月03日 13時30分
 
トヨタ、役員・幹部職の担当変更および、人事異動を発表
2020年01月31日 13時30分
 
トヨタ、販売・生産・輸出実績を発表
2020年01月30日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>