2020年02月14日 09時00分

Source: Toyota

TOYOTA、GRスープラ(3.0L)のエンジン改良型を発表

最高出力を14%向上

豊田, 2020年02月14日 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、米国東部時間2月13日、フロリダ州デイトナでエンジンに改良を加え最高出力を高めたGRスープラ(3.0L)を発表しました。日本での発売は2020年秋以降を予定しています。

今回のエンジン改良では、エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用による圧縮比の変更を行いました。これにより、エンジン最高出力を従来型335hp/5,000-6,500rpmから382hp/5,800-6,500rpm(従来型比+14%)、最大トルクを従来型365lb.ft.(ポンド フィート)/1,600-4,500rpmから368lb.ft./1,800-5,000rpmとしています。加速性能は、時速0-60Mileにおいて3.9秒(従来型比-0.2秒)とパワフルな走りに磨きをかけました。

さらに、フロント部にブレースを追加しボディ剛性の強化を図るとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニングすることでコーナリング中の安定性を高めました。

TOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツ活動を通じてクルマを鍛え、人を鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んでいます。これまでの取り組みで蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ込んだGRスープラは、お客様に心から走りを楽しんでもらえるクルマとして今後も進化を続けます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/31587374.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタ・中部電力・豊田通商、再生可能エネルギー発電事業を推進する「トヨタグリーンエナジー」を設立
2020年04月03日 17時30分
 
TOYOTA GAZOO Racing、オンラインでモータースポーツの魅力を発信する『e-Motorsports Studio supported by TGR』開設のご案内
2020年04月03日 17時00分
 
トヨタ自動車、工場環境と製品機能の向上を両立したアルミ鋳造技術を開発し、第66回「大河内記念生産賞」を受賞
2020年04月03日 14時00分
 
BYDとトヨタ、電気自動車の研究開発合弁会社「BYD TOYOTA EV TECHNOLOGYカンパニー有限会社」が発足
2020年04月02日 17時00分
 
トヨタ、ブランド刷新とともにデジタル領域を軸に中古車事業を強化
2020年04月01日 13時30分
 
トヨタ、取締役・監査役の変更および役員・幹部職の担当変更を発表
2020年03月25日 13時30分
 
NTTとトヨタ自動車、業務資本提携に合意
2020年03月24日 15時00分
 
トヨタと日野、燃料電池大型トラックを共同開発
2020年03月23日 14時00分
 
TRI-ADとDMP、自動運転用高精度地図(HDマップ)更新の実証実験を2020年4月より新たに開始
2020年03月17日 13時00分
 
WRC 第3戦 ラリー・メキシコ デイ3:オジエが今季初優勝、メキシコ通算6勝目を飾る
2020年03月16日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>