2020年02月20日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、浜松市役所様の支出業務にAIを活用し、有効性を検証

年間で最大約1,597時間を削減可能に

東京, 2020年02月20日 - (JCN Newswire) - 当社は、静岡県浜松市(注1)様と共同で、年間約30万件におよぶ支出命令伝票を確認する市役所の支出業務における決裁・審査にAIを活用する実証実験を2019年6月から12月まで実施し、支出業務に関わる市役所業務全体で年間最大約1,597時間の業務時間削減が見込めることを確認しました。

本実証では、DeepLearningを用いて印鑑の印影を自動検出する株式会社富士通総研(注2 、以下 富士通総研)の物体検出技術と、帳票内の情報を自動検出する株式会社PFU(注3 、以下 PFU)のAI- OCR技術を組み合わせ、伝票や請求書の確認項目および不備を審査部門の確認前にAIが検出し、その結果を活用し起案直後にシステム上で起案者や決裁者に通知します。これにより、起案部門決裁と会計課審査間での差し戻しの発生を防げるため、決裁および審査業務を効率化できます。

実証の結果を踏まえ、浜松市様は、検証環境にて試験運用を行い費用対効果を確認した上で導入を検討します。当社は、開発した技術を自治体向け内部情報システム「FUJITSU 自治体ソリューション IPKNOWLEDGE(アイピーナレッジ)」に組み込み、自治体職員の働き方改革やデジタルトランスフォーメーションを支援します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/02/20.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、「令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」において「科学技術賞(開発部門)」および「若手科学者賞」を受賞
2020年04月07日 15時00分
 
富士通、スマート工場および地域課題解決向けローカル5G検証システムの構築を開始
2020年04月06日 11時00分
 
富士通グループの中長期戦略の策定・実行を支援するシンクタンク「富士通フューチャースタディーズ・センター」を設立
2020年03月31日 13時00分
 
富士通、東京都主税局様が都税への問い合わせ業務へAIチャットボットサービスを導入し運用開始
2020年03月31日 13時00分
 
朝日新聞と北海道新聞、統合編集システムを共同開発、富士通がシステム構築
2020年03月30日 15時00分
 
富士通、国内初 商用のローカル5Gを運用開始
2020年03月27日 14時30分
 
富士通、国内ビジネスのさらなる拡大に向けて新会社を発足
2020年03月26日 15時00分
 
富士通、取締役・執行役員人事を発表
2020年03月26日 15時00分
 
トランスフォームのGaNが杭州中恒電気の効率98%を実現するパワーモジュールに採用
2020年03月17日 22時00分
 
富士通・富士通研究所・仏Inria、時系列データの異常検知を行うAIモデルの自動作成技術を共同開発
2020年03月17日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>