2020年03月23日 13時00分

Source: Eisai

エーザイ、ブレインパフォーマンス(脳の健康度)を定期的にセルフチェックするためのデジタルツール「のうKNOW(TM)」を日本において新発売


東京, 2020年03月23日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、Cogstate Ltd.(本社:オーストラリア 以下 Cogstate 社)が創出した認知機能テスト「Cogstate Brief Battery(TM)」(以下 CBB)について、日本において、ブレインパフォーマンス(脳の健康度)をセルフチェックするためのデジタルツール(非医療機器)として開発し、「のう KNOW(TM)」(読み:ノウノウ)の製品名で 3 月 31 日に新発売することをお知らせします。自治体や企業等の法人向けから販売を開始します。

「のう KNOW」は、PC やタブレット端末を用いた簡便なトランプテストによって、脳の反応速度、注意力、視覚学習および記憶力を評価する 4 つのテストを行い、ブレインパフォーマンスを定量的に測定します。利用者が単独かつ短時間(約 15 分)で測定することができ、日常生活や健診等において、定期的なセルフチェックが可能です。結果画面には、「記憶する」「考える」「判断する」などのブレインパフォーマンスを定量化した指標(「ブレインパフォーマンスインデックス(BPI)」)と生活習慣においてブレインパフォーマンスを維持するためのアドバイスが表示されます。

近年、さまざまな研究において、定期的な運動、バランスの良い食事、社会とのつながりといった生活習慣を見直すことにより、ブレインパフォーマンス低下のリスクを減らすことができる可能性が示されています。一方で、40 歳から 79 歳の男女を対象とした調査*では、早期チェック・予防の意義や内容を理解している人は全体の 55.7%、食事、運動、睡眠等の正しい予防行動が習慣化しているのは 19.7%であり、さらに認知機能チェックを習慣的に実施している人は 2.1%に過ぎないことが明らかとなっています。疾患理解の促進や認知機能チェックの習慣化に向けて、これらの越えなければならない溝(キャズム)を解消することが求められます。

働き盛りの世代から、本ツールを用いてブレインパフォーマンスを定期的にセルフチェックすることにより、脳に係わる健康や疾患を正しく理解し、生活習慣の見直しや予防行動、医師等への相談などを行うきっかけとなることが期待されます。自治体や企業等の法人向けから販売を開始し、個人向けに対しても、現在開発中のエーザイ認知症エコシステムプラットフォームの会員向けスマートフォンアプリとのデータ連携が可能となる予定です。なお、本ツールは、医師などの医療関係者による診察および診断に代わるものではありません。

また、医療領域においても、簡便な診断ツールの浸透に向けたキャズムが存在しており、米国、欧州、オーストラリア、ニュージーランドでは、CBB を医療従事者向けの専門的なフィードバック機能を有する医療用として開発された「Cognigram(TM)」が医療機器として承認され、医師などの医療関係者による MCIや認知症の診察や診断の際に使用されています。当社は、日本において、CBB を医療用の診断ツールとして開発することも検討中です。

当社は中期経営計画「EWAY2025」において、「Medico Societal Innovator(薬とソリューションで社会を変える企業)」をめざし、神経領域とがん領域に集中したイノベーション創出の取り組みを進めています。特に認知症領域においては、就業時間の1%を認知症当事者およびそのご家族と共に過ごす活動(共同化)から得た認知症当事者の憂慮に応えるために、当社が有する抗認知症薬治験で得られた認知機能およびバイオマーカーなどのデータセット等を活用したエーザイ認知症プラットフォームの確立を企図しています。そのうえで、医療機関、診断薬開発企業、研究機関やバイオベンチャーに加え、民間保険、フィットネスクラブ、自動車メーカー、小売業、介護施設と連携して、新たな便益をお届けする「認知症エコシステム」の構築をめざしています。

当社は、日本において「のう KNOW」の普及に取り組み、ブレインパフォーマンスの維持・向上に向けたセルフチェックと予防行動を支援することに加え、認知症エコシステムによる Social Innovation に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2020/news202013.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイと生化学工業、変形性関節症治療剤SI-613について中国における共同開発及び販売提携に関する契約を締結
2020年04月02日 09時00分
 
エーザイ、抗がん剤「デニロイキン ジフチトクス(遺伝子組換え)」の日本における皮膚T細胞性リンパ腫および末梢性T細胞リンパ腫に係る適応で新薬承認申請書を提出
2020年03月26日 16時00分
 
エーザイ、マルチキナーゼ阻害剤レンバチニブの創製「2020年度 日本薬学会創薬科学賞」を受賞
2020年03月25日 09時00分
 
EAファーマとエーザイ、「アクトネル(R)錠17.5mg」の骨ページェット病に係る適応の承認条件(全例調査)解除について
2020年03月19日 14時00分
 
エーザイと富士薬品、痛風・高尿酸血症治療剤ドチヌラドについて中国における開発・販売に関するライセンス契約を締結
2020年02月25日 10時00分
 
エーザイ、人事異動(2020年2月14日付)を発表
2020年02月14日 15時00分
 
エーザイ、中国における新型コロナウイルス関連肺炎への対応活動支援について
2020年01月30日 09時00分
 
エーザイ、次世代創薬の加速にむけてPersonal Genome Diagnostics Inc.(PGDx)とLiquid biopsyによるがん遺伝子パネル検査の共同研究開発を開始
2020年01月29日 09時00分
 
エーザイ、不眠症治療薬「デエビゴ(TM)」(一般名:レンボレキサント)が日本において製造販売承認を取得
2020年01月23日 16時00分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ(R)」が日本において部分てんかんの単剤療法および小児適応、並びに新規剤形の追加に係る承認を取得
2020年01月23日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>