2020年04月16日 14時30分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

MHIヴェスタス、アジア太平洋地域で事業拡大を加速


東京, 2020年04月16日 - (JCN Newswire) - MHIヴェスタス(MHI Vestas Offshore Wind A/S)(注1)は、アジア太平洋(AP:Asia Pacific)地域での事業拡大に対応するため、同社の最高戦略責任者(CStO:Chief Strategy Officer)を務めた山田 正人をアジア太平洋地域リージョナルマネジャーに任命しました。

山田APリージョナルマネジャーは、三菱重工とヴェスタスの合弁会社であるMHIヴェスタスの設立に参画し、2014年にMHI ヴェスタスが発足して以来、デンマークを拠点に活躍。今後は、東京オフィスを拠点とします。

同社CoCEO(注2)を務めるジョニー・トムセン(Johnny Thomsen)は、「アジア地域でクリーンな洋上風力発電の可能性が模索され始めている中、MHIヴェスタスはアジア太平洋地域に大きなチャンスを持っていると確信しています。山田APリージョナルマネジャーが同地域で当社の発展をリードし、日本での存在感を高めてくれることを期待します」と述べています。

アジア太平洋地域では、MHIヴェスタスの洋上風力発電設備が採用されたプロジェクトが増えており、今後も、日本、台湾、ベトナムを中心としたこの地域における同社の継続的な発展に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/story/200416.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工環境・化学エンジニアリング、釧路広域連合運営受託施設で初の基幹的設備改良工事を受注
2020年06月30日 12時00分
 
三菱重工工作機械、超薄型精密位置検出器を発売
2020年06月29日 17時40分
 
三菱重工、世界の海運業界における脱炭素化を促進 マースクゼロカーボンシッピング研究所の設立に参画
2020年06月25日 16時00分
 
三菱重工エンジニアリング(MHIENG)と英国の電力会社Drax社、世界最大のバイオマス発電所を対象にCO2回収パイロット試験実施で合意
2020年06月24日 09時00分
 
三菱重工、役員人事を発表
2020年06月22日 15時30分
 
三菱重工、人事異動を発表
2020年06月22日 15時00分
 
MHIヴェスタス、洋上風力発電設備V164-10MWを114基受注
2020年06月17日 13時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、浮遊ウイルスなど抑制効果を確認
2020年06月17日 11時30分
 
三菱重工エンジニアリング、東京都交通局から日暮里・舎人ライナーの新型車両を12編成(60両)受注
2020年06月16日 11時30分
 
三菱航空機、今後の運営方針及び役員人事のお知らせ
2020年06月15日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>