2020年05月12日 15時00分

Source: Honda

Honda、2019年度第4四半期および当年度(12ヵ月間通算) 連結決算を発表


東京, 2020年05月12日 - (JCN Newswire) - Hondaは本日、2019年度第4四半期および当年度(12ヵ月間通算) 連結決算の概況を以下のとおり発表しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、消費や企業の経済活動が世界的に停滞し先行きも不透明な状況が続いています。そのような中、当社においても、世界各地で生産や販売などの事業活動に影響が出ており、2019年度第4四半期および2019年度の連結決算は以下の通りとなりました。

2019年度第4四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020年3月31日までの3ヵ月間)の連結売上収益は、金融サービス事業における増加などはあったものの、四輪事業における減少などにより、3兆4,580億円と前年同期に比べ14.6%の減収となりました。営業利益は、コストダウン効果や販売費及び一般管理費の減少などにより、二輪事業では増益となったものの、全体では売上変動及び構成差に伴う利益減などにより、-56億円と前年同期に比べ479億円の減益となりました。なお、為替影響、一過性影響、新型コロナウイルス感染症の拡大影響を除くと、324億円のプラスと試算されます。一過性影響には、四輪事業の生産体制変更影響などが含まれています。また、新型コロナウイルス感染症の拡大影響には、販売台数の減少、販売奨励金の引当金の増加、金融事業におけるクレジット損失引当金の増加などを含めています。

2019年度(2019年4月1日から2020年3月31日までの12ヵ月間)の連結売上収益は、金融サービス事業における増加などはあったものの、四輪事業における減少や為替換算による減少影響などにより、14兆9,310億円と前年度に比べ6.0%の減収となりました。営業利益は、コストダウン効果や販売費及び一般管理費の減少などはあったものの、売上変動及び構成差に伴う利益減や為替影響などにより、6,336億円と前年度に比べ12.8%の減益となりました。税引前利益は、7,899億円と前年度に比べ19.3%の減益、親会社の所有者に帰属する当期利益は、4,557億円と前年度に比べ25.3%の減益となりました。なお、営業利益は、為替影響、一過性影響、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う影響などを除くと、実質では、前年度にくらべ 1,008億円の増益と試算されます。

配当金については、期末配当金を1株当たり28円、年間配当金は前年度に対して1円増配の1株当たり112円としました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2020/c200512.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Honda、「VFR750R(RC30)」を対象とした「リフレッシュプラン」をスタート
2020年06月30日 10時00分
 
Honda、2020年5月度 四輪車 生産・販売・輸出実績を発表
2020年06月29日 14時00分
 
Honda、クロスオーバーモデル「400X」のカラーリングを変更し発売
2020年06月26日 11時30分
 
Honda、ロードスポーツモデル「CBR400R」のロゴデザインを変更し発売
2020年06月26日 11時30分
 
Honda、「CIVIC TYPE R」マイナーチェンジモデル発売延期について
2020年06月25日 09時00分
 
Honda、「CR-V」をマイナーモデルチェンジし発売
2020年06月18日 11時30分
 
Honda、「スーパーカブ C125」に新色を追加し発売
2020年06月12日 12時00分
 
Honda、「CLARITY FUEL CELL」個人のお客様向けリースの取り扱いを開始
2020年06月11日 11時30分
 
Honda、中国次世代コネクテッドサービス事業に向けた進化を加速し、新たな合弁会社Hynex Mobility Serviceを設立
2020年06月10日 16時00分
 
Honda、「INSIGHT」をマイナーモデルチェンジし発売
2020年05月29日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>