2020年05月25日 14時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通とBOOSTRY、異なるブロックチェーン間におけるデジタルアセット取引に成功し、サービス提供に向けたビジネスモデル検討を開始

複数の取引サービスをシームレスに接続し、権利取引と決済を実現

東京, 2020年05月25日 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(代表取締役社長:時田隆仁、以下「富士通」)と株式会社BOOSTRY(代表取締役:佐々木俊典、以下「BOOSTRY」)(注1)は、ブロックチェーン上で管理する有価証券、バウチャー、会員権などのデジタルアセット(セキュリティトークンなど)取引の本格化を見据えた円滑かつ安全な権利移転モデルの確立を目指し、このほど実証実験を経て、複数の取引サービスを相互に接続するプラットフォームサービス提供に向けたビジネスモデル検討を開始しました。

両社は、デジタルアセット取引を先進技術で支え、デジタルアセットの普及、農業分野や不動産、エンターテインメント・スポーツなどのファンビジネスといった新規取り扱い商品創出を促進するDX時代の金融システムとして、2020年度下期中に、富士通のクロスチェーン技術(注2)「コネクションチェーン(注3)」とBOOSTRYの分散型資金調達プラットフォーム「ibet(注4)」を活用した相互接続プラットフォームサービスの提供により、権利取引と決済の実現を目指します。

背景
近年、あらゆるもののデジタル化に伴い、株式や債券などの有価証券だけでなく、様々な商品をトークン化(注5)したデジタルアセットの普及が見込まれており、2020年5月に施行された金融商品取引法の改正では、ブロックチェーン技術などでデジタル化された有価証券が電子記録有価証券表示権利と新たに定義されました。これにより小口取引が容易になり、利用者の増加や新たなアセット商品の創出につながり、金融市場の活性化を促すことが期待されています。

しかし、それらを管理するブロックチェーン技術は、各事業者が異なるアーキテクチャーや独自の仕組みを実装している場合が多く、相互取引の実現を困難にし、利用者の利便性を低下させ、普及を阻害する可能性があります。また、決済においても、口座振替、クレジットカード、ポイントなどの様々な事業者とシームレスな取引を行うことが今後必須となってきます。

富士通とBOOSTRYは、異なる基盤間での権利取引と決済を、円滑で安全に、かつ同時に複数移転するモデルの確立を目指しており、このたびビジネスモデル検討を開始しました。

富士通は、仕組みや基盤の違いを事業者や利用者が意識せずに、シームレスなデジタルアセット取引を実現するため、「コネクションチェーン」を活用して、複数の異なるブロックチェーンや既存の決済機能を連携させ本ビジネスモデルを支えるDX時代の新たなプラットフォームサービスの開発を行っていきます。

BOOSTRYが提供する「ibet」では、日本初となるブロックチェーン技術を活用した社債である「デジタル債」および「デジタルアセット債」(注6)の発行を実現しています。「ibet」では、セキュリティトークンやユーティリティトークンなどのトークン発行企業と投資家を直接つなげ、仲介者の役割を可能な限りスマートコントラクトで実装することで、利用者を中心とするよりシームレスな取引機会を提供しています。

実証実験の概要
富士通とBOOSTRYは、2020年3月から4月にかけて、デジタルアセット取引と決済を権利移転する実証実験を行い、運用と技術の両面から幅広く、課題を検討し検証を行いました。

実証実験では、富士通のクロスチェーン技術「コネクションチェーン」を介して、BOOSTRYのブロックチェーンを活用した分散型資金調達プラットフォーム「ibet」と、疑似的な資金決済網とを接続し、「ibet」内でデジタルアセットの権利移転とそれに伴う資金決済網内での決済に成功しました。両社は、異なる別システムとして構築された基盤同士を「コネクションチェーン」で相互接続し、円滑かつ安全に権利移転と決済を行えることを実証しました。

今後について
今後、富士通とBOOSTRYは、実証実験で挙がった課題などを検証し、ビジネスモデル構築に向けた協議を行います。両社は、2020年度下期中に異なる基盤間で複数の取引をシームレスに実現する相互接続プラットフォームサービスの提供を目指します。

また、連携の枠組みは両社に留まらず、様々な企業や業界に拡げ、新しいデジタルアセット取引の世界を構築し、トークンエコノミー分野の発展に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/05/25-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通研究所、世界初 教師データなしで高次元データの特徴を正確に獲得できるAI技術を開発
2020年07月13日 10時00分
 
LIVE BOARDと富士通、新たな屋内広告配信サービスの基盤となる、広告視認数に応じたインプレッション計測モデルを構築
2020年07月08日 11時00分
 
富士通、ニューノーマルにおける新たな働き方「Work Life Shift」を推進
2020年07月06日 10時00分
 
富士通、全社員の行動の原理原則となる「FUJITSU Way」を刷新
2020年07月01日 10時00分
 
富士通、NetAppとデータマネジメントインフラでのパートナーシップを強化
2020年06月30日 10時00分
 
富士通、世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・デジタルトランスフォーメーション調査レポート 2020」を公開
2020年06月29日 10時00分
 
理研と富士通、スーパーコンピュータ「富岳」がTOP500、HPCG、HPL-AIにおいて世界第1位を獲得
2020年06月23日 09時00分
 
富士通ネットワークコミュニケーションズ、ONAPに参画し光ネットワークサービスのエンド・ツー・エンドにおける運用管理の自動化を実現
2020年06月19日 11時00分
 
富士通、快適なデータアクセス環境を実現する「ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W」を販売開始
2020年06月15日 10時00分
 
富士通、DXを支えるソリューション「FUJITSU Hybrid IT Service」を提供
2020年06月11日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>