2020年05月28日 14時00分

Source: CBDJ

次世代ブロックチェーン医療用対馬企業CBDJ FinTech、日本を超えて韓国に進出する

Blockchain Medical Cannabidiol Project CBDJ FinTechは、"CBDJトークンのグローバル拡張力を育てるための戦略で、韓国市場の確保に積極的に乗り出した"と公式発表した。

CBDJは自社のCannabidio製品を次世代ブロックチェーン技術と融合させ、より透明で生産性を増加するための生産-製造-物流管理システムの構築を目指しています。

CBDJプロジェクトは、自社所有の米国農場で"CBD製品"の原料である産業用大麻を栽培·加工し、日本の"CBD製品"生産工場として安定的な原料供給が可能な製造-流通インフラを構築します。

そこでCBDJ FinTech財団は、ブロックチェーン技術により自社トークンを発行し、お客様が自社の"CBD製品"をCBDJトークンで購入できるように設計することで、透明かつ安定的な流通網を確立します。

今回のCBDJ FinTechの韓国市場への進出は、医療用大麻プラットフォームシステムを構築し、CBDJのアジア市場への供給基盤を整え、日中市場の発展とブロックチェーン·CBD部門の企業の質的成長及び法的な根拠を確保するためだと明らかにしました。

CBDJの韓国市場進出を目標に▲医療用大麻の法律的根拠作り▲韓国企業とのCBD共同研究及びコンサルティング遂行▲経営ノウハウの共有▲ブロックチェーン技術の力量強化▲韓国取引所の上場などを行っています。

CBDJ FinTechの関係者は"今回の韓国進出が確定し、CBDJコイン仮想通貨市場の競争力確保の基盤となるエコシステムの拡張とインフラを構築し、これにより高い成長性を見せているグローバルCBD市場の一段階跳躍することを期待している"と伝えた。

CBDJ FinTech財団が発行したCBDJトークンは2020年6月頃、韓国取引所への初上場を目指している。

CBDJ Fintech Ltd.
+819026666622
[email protected]
https://cbdj.asia/

セクター: 外国為替, フィンテック, Cannabis

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>