2020年05月29日 15時00分

Source: Eisai

アッヴィとエーザイ、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」について、化膿性汗腺炎の効能・効果に係る用法・用量の製造販売承認事項一部変更の承認取得のお知らせ


東京, 2020年05月29日 - (JCN Newswire) - アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長:ジェームス・フェリシアーノ、以下「アッヴィ」)とエーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫、以下「エーザイ」)は、本日、ヒト型抗ヒト TNFα モノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」(一般名:アダリムマブ<遺伝子組換え>、以下「ヒュミラ」)について、化膿性汗腺炎(Hidradenitis Suppurativa、以下「HS」)の初回投与 4 週間後以降の投与選択肢として、80mg 隔週投与追加による用法・用量の医薬品製造販売承認事項一部変更の承認を取得したことをお知らせします。

これまで、HS に対する用法・用量は、初回に 160mg を、初回投与 2 週間後に 80mg を皮下注射し、初回投与 4 週間後以降は、40mg を毎週投与するものでした。今回、40mg 毎週投与と同等の有効性および安全性を有する投与選択肢として 80mg 隔週投与が新たに追加されました。80mg 隔週投与は、従来の 40mg 毎週投与と比較し、投与回数の半減*と投与間隔の延長により、患者さんの注射による負担軽減につながる新たな選択肢として期待されます。

* ヒュミラ皮下注 80mg シリンジ 0.8mL、同 80mg ペン 0.8mL を使用した場合

今回の承認は、国内第 III 相試験(M15-573 試験)で得られたヒュミラの 80mg 隔週投与時の有効性および安全性の検討結果と薬物動態シミュレーションの成績に基づいています。国内第 III 相試験は、中等症から重症の日本人の HS 患者さんを対象に、ヒュミラの有効性および安全性を評価した多施設共同非盲検単一用量試験です。

ヒュミラは、2017 年に HS を予定する効能・効果として希少疾病医薬品に指定され、2019 年 2月 21 日に HS の効能・効果について国内で初めて承認を取得しました。現在、国内において HSの適応を有する薬剤はヒュミラのみです。

HS は思春期以降に多く発症し、疼痛を伴う慢性的な炎症性皮膚疾患です。炎症症状は、腋窩、鼠径部、乳房、臀部などに頻発し、主な症状は赤くはれ上がったおできのような症状ですが、進行すると結節、膿瘍、さらには瘻孔(ろうこう)の形成まで至り、繰り返すと病変部が肥厚し、瘢痕化(はんこんか)します 1。重症になると日常の活動が制限されることがあり、就業が困難になるケースもあります 2。日本における疫学については一定の解釈に至っていないものの 3、海外での有病率は 1%との報告があります 4 。疾患の認知度の低さや診断の困難さなどから、海外の報告では確定診断に至るまでの年数は平均 7 年で、乾癬など他の炎症性皮膚疾患よりも長く、受診回数が多いことも報告されています。

アッヴィとエーザイは、本適応を含む「ヒュミラ」の適正使用の推進と情報提供に努めることで、より多くの患者さんの QOL 向上に一層貢献してまいります。

ヒュミラについて

ヒト型抗ヒト TNFα モノクローナル抗体「ヒュミラ(R)」は、日本において「関節リウマチ (関節の構造的損傷の防止を含む)、化膿性汗腺炎、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・強直性脊椎炎・多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎*・腸管型ベーチェット病・非感染性の中間部,後部又は汎ぶどう膜炎、中等症又は重症の活動期にあるクローン病の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)、中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)」に係る効能・効果の承認を取得しています。

一般名: アダリムマブ<遺伝子組換え>
販売名: ヒト型抗ヒト TNFα モノクローナル抗体製剤「ヒュミラ皮下注 20mg シリンジ 0.2mL、同 40mg シリンジ 0.4mL、同 80mg シリンジ 0.8mL、同 40mg ペン 0.4mL、同 80mg ペン 0.8mL」

アッヴィについて

アッヴィは、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業です。世界で最も複雑かつ深刻な疾患に対する、革新的な先進治療薬の開発を行っています。その専門知識、献身的な社員、イノベーション実現に向けた独自の手法を駆使して、免疫疾患、がん、ウイルスおよび神経疾患の 4 つの主要領域における治療に貢献することをミッションに掲げています。世界 75 カ国以上の国において、アッヴィの社員は世界中の人々の健康上の課題に対するソリューションを生み出していくため、日々仕事に取り組んでいます。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。Twitter アカウント@abbvie、Facebook、LinkedIn や Instagram でも情報を公開しています。

日本においては、1,200 人を超える社員が、医療用医薬品の開発、輸入、製造販売に従事しています。自己免疫疾患、新生児、肝疾患、神経疾患、がんの各領域を中心に、患者さんの人生を豊かにしたいと願い、日々の業務に取り組んでいます。詳しくは、www.abbvie.co.jp をご覧ください。

エーザイについて

エーザイ株式会社は、本社を日本に置く研究開発型グローバル製薬企業です。患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献する「ヒューマン・ヘルスケア(hhc)」を企業理念としています。グローバルな研究開発・生産・販売拠点ネットワークを持ち、戦略的重要領域と位置づける「神経領域」「がん」を中心とするアンメット・メディカル・ニーズの高い疾患領域において、世界で約 1 万人の社員が革新的な新薬の創出と提供に取り組んでいます。また、当社は開発途上国・新興国における医薬品アクセスの改善に向け主要なステークホルダーズとの連携を通じ積極的な活動を展開しています。エーザイ株式会社の詳細情報は、www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、自社創製の新規不眠症治療薬「DAYVIGO(R)」が香港において新薬承認申請受理
2020年07月08日 14時00分
 
エーザイ、抗がん剤タゼメトスタットについて日本においてEZH2遺伝子変異陽性の濾胞性リンパ腫に係る適応で新薬承認申請書を提出
2020年07月08日 13時30分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ(R)」(一般名:ペランパネル水和物)の新剤形となる細粒剤を新発売
2020年07月06日 10時00分
 
エーザイ、自社創製の新規不眠症治療薬「デエビゴ(R)」(一般名:レンボレキサント)が日本において不眠症に対する適応で新発売
2020年07月06日 09時00分
 
GCARとエーザイ、中等度から重度のCOVID-19感染患者様に対する治療薬創出を目指す革新的アダプティブデザインによる臨床試験(REMAP-COVID)を開始
2020年07月01日 09時00分
 
エーザイ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)」(一般名:サフィナミドメシル酸塩)が韓国において承認を取得
2020年06月25日 10時00分
 
エーザイ、新株予約権証券の発行登録書の提出について
2020年06月23日 16時00分
 
エーザイ、当社企業価値・株主共同の利益の確保に関する対応方針(買収防衛策)の継続について
2020年06月19日 15時00分
 
エーザイ、人事異動(2020年6月19日付)を発表
2020年06月19日 15時00分
 
エーザイ、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に対するアフリカ地域における対応支援について
2020年06月10日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>