2020年06月02日 13時00分

Source: Hitachi

産総研と日立、移動体データ形式「MF-JSON形式」が地理空間情報の国際標準として採択

移動体データの流通を円滑化し、混雑緩和や災害時の効率的な避難誘導に貢献

東京, 2020年06月02日 - (JCN Newswire) - 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(理事長:石村 和彦/以下、産総研)人工知能研究センター(研究センター長:辻井 潤一)と株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO東原 敏昭/以下、日立)は、人や自動車などの移動体(Moving Features)の位置情報の時間変化を表すOGC *1 Moving Features Encoding*2を拡張した新たな移動体データ形式「Moving Features Encoding Extension - JSON(MF-JSON形式) *3」を、地理空間情報の国際標準化団体Open Geospatial Consortium(OGC)に共同で提案し、国際標準仕様として採択されました。

自動運転や防災、公衆衛生対策などでは、人や自動車などの移動データを流通・共有することの重要性が広く認められているものの、統一的なデータ形式がなかったため、異なるシステム間での円滑なデータ連携を図る方法が求められていました。

これまで産総研と日立は、移動体の位置情報の流通・利活用を促進するための標準化活動をOGCにおいて推進してきました。今回、既存のOGCデータ交換形式の問題点を改善し、より簡潔に記述できウェブ環境で利用しやすいデータ形式「JSON*4」を用いたMF-JSON形式を提案し、OGCの国際標準仕様として2020年2月に採択され、6月に公開されました。本MF-JSON形式により、GPSからの人流データ(点形状)や、道路交通渋滞情報(線形状)、洪水浸水区域の拡大(面形状)、自動車の走行 (立体形状)などの動的な地理空間情報が記述することができます。多様な移動体情報をより高精度に共有できるため、さまざまな業界における人やモノの移動データの普及や利活用拡大が期待されます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/06/0602a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、日本版コネクト&マネージを実現する制御システムの開発の実施について
2020年06月30日 10時00分
 
日立、幸せの見える化技術で新たな産業創生をめざす「出島」としての新会社を設立
2020年06月30日 10時00分
 
日立とマイクロソフトが、東南アジア・北米・日本における製造・ロジスティクス分野向け次世代デジタルソリューションに関する戦略的提携で合意
2020年06月26日 10時00分
 
東京電力PG・NTTデータ・日立が設立した「グリッドスカイウェイ有限責任事業組合」に中国電力が参画
2020年06月24日 11時00分
 
日立、建設機械遠隔監視ソリューション「ConSite」の機能・ノウハウを活用した、価値創出型の産業機械アフターサービス強化支援ソリューションを提供開始
2020年06月23日 11時00分
 
日立、DX推進に向けたレガシーシステム刷新への対応を強化するため、CIを活用した新たなマイグレーション開発環境の提供を開始
2020年06月22日 11時00分
 
日立、企業のグローバルIoTビジネスの展開を支援するIoT活用サービス「Hitachi Global Data Integration」を提供開始
2020年06月18日 11時00分
 
日立産機システム、新型72/84kVガス絶縁開閉装置を販売開始
2020年06月17日 11時00分
 
民間企業19社で構成する「ESG情報開示研究会」の発足と参画について
2020年06月11日 11時00分
 
日本医師会・日本ユニシス・日立・日本IBM、「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」社会実装に向けたプロジェクトを開始
2020年06月10日 18時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>