2020年06月15日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、快適なデータアクセス環境を実現する「ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W」を販売開始


東京, 2020年06月15日 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田 隆仁)は、富士通クライアントコンピューティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:齋藤 邦彰)製の法人向けエッジコンピューティングデバイス「FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition(フジツウ デスクトップ エスプリモ エッジコンピューティング エディション)Z0110/W (以下、Z0110/W)」を6月15日から国内で販売開始します。

近年、さまざまな企業のお客様において、最新OS「Windows 10」を搭載したパソコンの導入が加速しています。「Windows 10」では、システムを最新の状態に保つために毎月1回の品質更新プログラム(約1GB)と、年2回の機能更新プログラム(約3GB)の実行が必要となりますが、これらのWindows Updateによって起こる社内WSUS(注1)サーバーへのアクセス集中によるネットワーク負荷が問題となっています。

「Z0110/W」は、Windows Updateに特化した機能を備え、WSUSサーバーと連携した効率的なシステム更新の運用を可能とするとともに、ネットワークアクセスポイントの実装により、無線環境のないオフィスにも容易に導入することができます。

本製品の活用により、企業のお客様のネットワーク負荷を軽減し、快適なデータアクセス環境を実現します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/06/15.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、ハイブリッドIT環境のネットワーク基盤「Digital enhanced EXchange(DEX)」を提供開始
2020年08月06日 10時00分
 
富士通、機能強化した「VPS」シリーズで、生産準備業務のDXを実現
2020年08月05日 13時00分
 
富士通、「GIGAスクール構想」と「withコロナ」に対応した新サービスを無償提供
2020年08月03日 10時00分
 
第一生命と富士通、AIがお客さまの意向に基づき保障プランを提示するシステムを開発
2020年07月29日 13時00分
 
富士通、セグメントの一部変更に関するお知らせ
2020年07月29日 09時00分
 
富士通研究所、ミリ波帯ローカル5Gシステムに対応した無線基地局の自動配置計算を高速化
2020年07月22日 10時00分
 
富士通、新会社「富士通Japan株式会社」発足
2020年07月17日 15時00分
 
富士通コネクテッドテクノロジーズ、国立長寿医療研究センターと健康長寿社会に向けた共同研究を開始
2020年07月15日 09時00分
 
富士通研究所、世界初 教師データなしで高次元データの特徴を正確に獲得できるAI技術を開発
2020年07月13日 10時00分
 
LIVE BOARDと富士通、新たな屋内広告配信サービスの基盤となる、広告視認数に応じたインプレッション計測モデルを構築
2020年07月08日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>