2020年07月01日 12時00分

Source: NEC Corporation

東北大学とNEC、スーパーコンピュータを活用して航空機用複合材料開発を加速するマテリアルズインテグレーションシステムの研究開発を開始


東京, 2020年07月01日 - (JCN Newswire) - 東北大学 大学院工学研究科(注1)、同 大学院情報科学研究科(注2)、日本電気株式会社(注3、以下 NEC)は、内閣府が主導する戦略的イノベーション創造プログラム(注4)「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」のうち、研究開発課題名「多機能CFRPの開発による高付加価値化」において、スーパーコンピュータを活用し、航空機用の炭素繊維強化プラスチック(CFRP、注5)の開発を加速するマテリアルズインテグレーションシステムの研究開発を開始しました。本研究開発では、次世代航空機用複合材料の開発・製造コスト・期間を従来の50%以下に低減し、国際競争力強化への貢献を目指します。

航空機に用いられる構造材料分野において、日本は優れた特性を有する材料を数多く産み出してきた一方で、その開発に膨大なコスト・期間を費やしてきました。世界的にデジタル化が進み、市場までの投入期間の短縮が求められる現状において、この開発コスト・期間の低減が喫緊の課題となってきています。高性能な構造材料を短期間で効率良く開発するためには、実験や熟練者の経験に依存する従来手法から脱却し、完成品を見越した上で、材料科学や情報科学など様々な学術的知見を組み合わせた戦略的な研究・開発が求められています。

本研究開発では、これまで東北大学が中心となって開発してきた航空機用複合材料・構造のシミュレーション技術とスーパーコンピュータの高速化技術、および NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA (注6)」を用い、航空機用CFRPの材料開発をデジタル上にて行える統合型システムを世界に先駆けて開発します。

具体的には、スーパーコンピュータ上に分子スケールの材料特性から巡航時の機体に生じる力学応答までを解析するシミュレーションを実装することで、材料選択から機体設計に至るまでを高速かつマルチスケール(注7)に行うことができます。また、本システムを共通プラットフォームとして利用することで、機体メーカーからの要望に応じたテーラーメードな材料開発も期待されています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202007/20200701_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、海洋研究開発機構とともに、AIを活用した海洋マイクロプラスチック計測システムを開発
2020年07月03日 10時00分
 
NEC、しんきん情報サービスと協業し、金融業界初となる為替振込業務の自動化機能を備えた信用金庫向けBPOサービスを提供
2020年07月03日 10時00分
 
NEC、生体認証・映像分析技術とサーマルカメラを組み合わせた感染症対策ソリューションを販売開始
2020年07月02日 10時00分
 
NEC、横浜銀行に「AI不正・リスク検知サービス」を提供
2020年07月01日 10時00分
 
NEC、ベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」のデータセンター向け新モデルを販売開始
2020年06月29日 10時00分
 
NECプラットフォームズ、海洋プラスチックごみ等の環境問題の解決に貢献する高機能バイオ素材「NeCycle」を販売開始
2020年06月29日 10時00分
 
NEC、Twitter上の災害に関する情報をリアルタイムで解析・可視化する「高度自然言語処理プラットフォーム」を発売
2020年06月26日 14時00分
 
NTTとNEC、革新的光・無線技術を活用したICT製品の共同研究開発およびグローバル展開で提携
2020年06月25日 14時00分
 
NEC、企業のモダナイゼーションを推進するメインフレーム「ACOSシリーズ」を強化
2020年06月25日 10時00分
 
慶應義塾大学とNEC、デジタル人材育成に向けた教育プログラムを共同開発
2020年06月24日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>