2020年07月22日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通研究所、ミリ波帯ローカル5Gシステムに対応した無線基地局の自動配置計算を高速化

従来比、最大で10倍の高速計算を実現し、企業のDXを加速

東京, 2020年07月22日 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、ローカル5Gシステムに割り当てられている28GHzのミリ波帯に対応した無線基地局を自動配置するための高速計算技術を新たに開発しました。

ローカル5Gは、様々な企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を支えるインフラとして期待されていますが、その真価を発揮するには、現場に適した無線基地局の配置が重要となります。ミリ波帯は、広い帯域を持つ一方で、直進性が強いことから障害物により遮蔽を受けやすいため扱いが難しく、無線基地局の配置決定には無線の専門家による設計と、多大な現地調整作業が必要です。

今回、ミリ波帯のローカル5Gシステムに対応した無線基地局自動配置の計算を、送信電力やビームフォーミング(注2)などのパラメータ調整を含めて最適化し、従来手法と比較して5倍から最大で10倍の速度で実行できる高速計算アルゴリズムを開発しました。これにより、無線の専門家でなくても、ローカル5Gシステムの無線基地局設計が容易に実施可能となるため、様々な企業のお客様現場における、さらなるDXの加速に貢献します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/07/22.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、自動車のコラボレーション開発を支援する車載ソフトウェア開発基盤「Design Collaborator」を販売開始
2020年09月29日 10時00分
 
富士通、執行役員人事を発表
2020年09月28日 15時00分
 
富士通と独シュナイダー・ノイライター・アンド・パートナー社、「プラチナパートナーシップ」契約を締結
2020年09月24日 15時00分
 
富士通、令和2年度全国発明表彰「特許庁長官賞」を受賞
2020年09月24日 10時00分
 
富士通、キヤノン様の新スーパーコンピュータシステムを受注
2020年09月23日 10時00分
 
富士通研究所、顔写真などによる他人へのなりすましを防止できる技術を開発
2020年09月18日 10時00分
 
「ウィズコロナ時代の社会課題をデータ活用と公民連携によって解決するための連携協定」を横浜市、東京大学、富士通が締結
2020年09月17日 10時00分
 
富士通、AIスコアリングプラットフォームサービス「Finplex EnsemBiz」提供開始
2020年09月16日 11時00分
 
富士通、公開買付届出書の訂正届出書の提出に伴う「富士通フロンテック株式会社株式等(証券コード 6945)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」の訂正及び買付条件等の変更
2020年09月11日 13時00分
 
富士通、自動車ビッグデータの活用を加速する車載カメラ映像解析プラットフォーム「Digital Twin Analyzer」を販売開始
2020年09月10日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>