2020年07月25日 12時00分

Source: Gainsky

GainSkyは、あらゆるレベルの投資家や戦略の好みに応じて、有益な代替投資機会を提供


ベルリン, 2020年07月25日 - (JCN Newswire) - 今年初めの成功したファンドレイズの後、GainSkyは世界中の投資家に、より信頼性の高いウェルスマネジメントとトレーディングサービスを提供するように準備を重ねてきた。そして今、GainSkyは、GainSkyフォロートレード・プログラムの提供を拡大する準備を整えている。この取引プログラムは、成功の可能性が高いニッチなマルチセクターにおける取引機会に焦点を当てている。

世界はCOVID-19のパンデミックとそれが引き起こした不況の影響を未だに受けているが、これらの危機においても、GainSkyを活用する投資家は代替の取引機会をうまく掴むことができるだろう。同社の革新的な暗号通貨-外国為替共同取引プラットフォームは、投資家が迅速に暗号通貨と法定通貨の取引に参入することを可能にする。

GainSkyフォロートレードモデルでは、顧客はGainSkyインベストメントの口座にサインアップしてMT4口座を取得し、GainSkyインベストメントのトレーダープログラムにリンクさせる。その後、クライアントはどのトレーダーチームに従うかを決定する。

GainSkyは、提供するシステムがどのように機能するかを説明するプレゼンテーションを公開しており、金融セキュリティ、自己管理、低リスク、入出金の容易さなどの利点を詳しく説明している。GainSkyのシステムは、投資家が専門家チームに従うことで、手厚い分配手数料を得ることができる、コラボレーション・エコノミーの手数料プランを提供する。

GainSkyには、投資家がフォローできる4つの専門家取引チームがある。レッド、イエロー、ブルー、グリーンだ。チーム・レッドまたはトレード・チーム・イーグルは、保守的な投資家のためのチームだ。暗号通貨市場のボラティリティーを回避するために設計された「three-in-a-row戦略」を利用している。チーム・イエローまたはトレード・チーム・フラッシュライトは、「2本の指戦略」を用いてバランスのとれたアプローチで取引を行い、反転ポイントやサポートレベルを見極めて利益のある取引を行う。チーム・ブルーまたはトレード・チーム・テッドは、市場のボラティリティが高い中で一貫した結果を出すために設計された「14の戦略」で、アグレッシブな投資家に適している。最後に、チーム・グリーンまたはトレードチーム・マックエリートは、高度な機会を求める投資家向けだ。

チーム・イーグル、テッド、フラッシュライトは、最低投資額が100ドル、キャンペーン期間が20日間に設定されている。損失カット率はそれぞれ3%、5%、8%となっている。チーム・マックエリートは、最低投資額が30,000ドル、キャンペーン期間が80日と大口投資家向けだ。

GainSkyは、大手FX専門家が使用している取引プラットフォームであるメタトレーダー4(MT4)システムを採用している。このシステムは、その最小の待機時間と容易なカスタマイズ性で注目されている。様々な言語をサポートするクロスプラットフォーム取引ソリューションとして動作する。さらに、情報に基づいた意思決定を容易にするために、多数のチャートや指標を含むいくつかの機能を統合している。この思慮深く設計された取引システムは、非常に安全で、低速のインターネット接続でも互換性が確保されるように設計されている。

デジタル通貨や法定通貨の取引で利益を得るという選択は、GainSkyにとっては今に始まったことではない。高度な教育を受けた経験豊富な財務管理の専門家が経営する会社として同社が暗号通貨-外国為替共同取引の分野に進出したのは、外国為替が世界最大で最も流動性の高い市場であるという事実に基づいている。一方、デジタル通貨は新興の取引可能な資産であり、多くの投資家の支持を集めつつある。

GainSkyについて

GainSkyは、アイビーリーグの教育を受けたロバート・ベンツ(CEO)が率いるウェルスマネジメントとトレーディングサービスを提供する企業で、財務管理を専門としています。ベンツ氏は、暗号通貨業界に大きなビジネスチャンスを感じて2018年に同社を設立しました。同社はドイツに本社を置いていますが、中国をはじめとするアジア地域でのプレゼンスを拡大しています。同社のトレードプロフェッショナルは、2018年に40万件以上の取引を執行し、83%という特筆すべき高い成功率を記録しています。

メディア連絡先
ウェイン・ピーターズ
[email protected]




セクター: 外国為替, フィンテック

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>