2020年07月31日 16時00分

Source: ETON Transportation

ワシントン・カンパニーズ、事故の原因となった雇用主と判断される


ラスベガス, 2020年07月31日 - (JCN Newswire) - 米国労働安全衛生局(OSHA)の専門家であるKurt Stranne氏の宣誓供述において、ワシントン・カンパニーズの弁護士は、ワシントン州西部地区タコマにある連邦裁判所で現在係争中の連邦訴訟において、誰に過失があるかについてStranne氏の見解を明らかにするよう求めました。Stranne氏は、プロフェッショナルな技術者であり、OSHAの安全指導員であり、元米空軍飛行主任、元ボーイング飛行試験技術アナリストであり、認定安全専門家でもあります。

現在係争中の訴訟は、ネバダ州ノースラスベガスにあるETON社とワシントン州ロチェスターに拠点を置くワシントン・カンパニーズの施設が関与しています。連邦訴訟は、ワシントン・カンパニーズの従業員によって積み込まれ、ETONによって輸送されたコマツの機器に関連する不幸な事故に関するものです。コマツの機器が誤って積み込まれたため、ワシントン州にある州間高速道路の主要な高架にコマツの機器が衝突し、高架に損傷を与えました。高架の再建は、数十年にわたって州間高速道路の片側からもう一方の側へ移動するために高架に依存していた地域の人々に大きな混乱を引き起こしました。

専門家証人であるStranne氏の宣誓供述の間、ワシントン・カンパニーズの弁護人であるワシントン州のStocker Smith Luciani & Staub of SpokaneのSteve Stocker氏は、現場を管理する雇用者であるワシントン・カンパニーズ、および運送業者であるETONの義務について繰り返し質問しました。Stranne氏は、ワシントン・カンパニーズの弁護士であるStocker氏がOSHAの法令に基づいて誰に過失があったのかを理解するのに役立つように、OSHAの領域である作業場の安全性および管轄管理において、それぞれの責任の所在を明確にするために、次のような場面の概要を説明しました。

Stranne氏が説明した場面は、ETONの運転者が高架に衝突した結果、負傷して病院に運ばれていたら、この事故は労災とみなされていただろうというものです。運転者の怪我と入院は、運転者が病院に入院することになった事故の原因についてワシントン州OSHAが調査する引き金となったでしょう。Stranne氏は、OSHAの専門家として、ワシントン・カンパニーズが高架衝突事故の「原因となった当事者」として挙げられていただろうと説明しました。

Stranne氏の情報に基づく結論は、コマツの機器がワシントン・カンパニーズの管理下にある作業場で積み込まれ、ワシントン・カンパニーズの従業員が当該機器の積み込みを行ったという事実に基づいていました。Stranne氏によると、ワシントン・カンパニーズに過失があるとした理由は3つあるとのことです。第1に、機器の積み込みは、ワシントン・カンパニーズが従う義務のあるメーカーの推奨事項に反していました。第2に、業界標準に反していたこと、第3に、ワシントン・カンパニーズがこの種のコマツ製機器を積載する慣習的な方法と異なっていたことです。Stranne氏は、フラットベッドトレーラーにコマツ製機器を積み込む際に、ワシントン・カンパニーズには3つの方法すべてに従う義務があるとOSHAに義務付けられていたが、同社の従業員はそれを怠っていたと説明しました。この3つの基準を逸脱していた場合、OSHAはワシントン・カンパニーズが事故の根本的な原因であると判断していたでしょう。

Stranne氏は、その他の連邦政府機関や州政府機関において、当事者の義務がどのようなものであったかについては推測を避けましたが、OSHAの専門知識に基づいて、原因となった要因について証言し、コマツの機器を積載していたローダーが間違って積載したと判断しました。ワシントン・カンパニーズのローダーであるTyler Piles氏は、製造時の積み込み手順、機器の積み込み方法に関する業界基準、およびこの種の機器の積み込み方法に関するワシントン・カンパニーズ独自の慣習的な方法に違反していました。ワシントン・カンパニーズの従業員として、ワシントン・カンパニーズは高架事故の「原因となった雇用主」となります。

Modern Machineryは、億万長者のDennis R.Washingtonが所有するワシントン・カンパニーズとして総称される非公開企業の大規模なコンソーシアムの一部です。Modern Machineryは、高品質な重機の販売およびレンタルを行い、建設、鉱山、林業業界に機械のサポートを提供しています。ワシントン州ロチェスターにあるModern Machineryのターミナルには、海外から持ち込まれ、コマツ販売店へ出荷待ちの各種機械の大規模なステージングエリアが集結しています。

ETONは米国ラスベガスを拠点とする大手の運送会社であり、米国西部で機械、プロのドライバー、優れたオンタイム・サービスを提供しています。

コマツアメリカ株式会社は、建設・鉱山機械やユーティリティ(小型機械)などの製造・販売事業を展開する世界第2位の土木機械メーカーであるコマツ(OTCMKTS: KMTUY)の米国子会社です。

お問い合わせ先:
ETON.me
Mitchell Truman
+1 (702) 348 6370
http://www.ETON.me
Environmental Transportation of Nevada, LLC


セクター: Local Business

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


コマツアメリカ(KMTUV)、安全勧告を拒否
2020年07月10日 21時00分
 
コマツの悲惨な安全記録
2020年06月26日 20時00分
 
ワシントン・カンパニーズ、従業員の訓練を怠ったため高架の損壊事故が発生
2020年06月15日 17時00分
 
コマツ、ワシントン・カンパニーズの研修プログラムの監査を怠ったことで高架の損壊事故が発生
2020年06月09日 17時00分
 
コマツアメリカ、米国第9巡回区連邦控訴裁判所に上訴される
2020年05月22日 16時05分
 
ワシントン・カンパニーズ、略式判決の動議による裁判回避ならず、本訴へ
2020年04月24日 20時00分
 
KECの過失により橋梁破損
2020年01月29日 16時00分
 
ワシントン・カンパニーズの従業員、米国連邦裁判事件で重要証拠を破棄
2020年01月29日 05時00分
 
コマツアメリカとコマツ、米国ラスベガス拠点の運送会社から州間高速道路5号線の橋に関する訴訟で名指しされる
2018年06月25日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>