2020年08月17日 23時00分

Source: T668

蒸気の古い列車T 668、「富岡」の時間を逆流させる

鉄道芸術祭、中央地方との統合、創生の新たなきっかけを牽引する

うん、う!「国王」が来た。桃園市政府文化局(下記全部文化局と言う)が主催する第一回「富岡鉄道芸術祭」は8/15に盛大に登場した。特に交通部門の台湾鉄道管理局と協力して、「蒸気列車の王」と呼ばれるT668は桃園市長の鄭文燦、台鉄局張政源局長また鉄道ファンを載せた。中坜から富岡駅に入って、活動の序幕を開いて、黒煙の立ち上げる石炭の味と汽笛の音が昔の懐かしい記憶を呼び起こし、沿道には多くの鉄道ファンもカメラを用意して、この伝奇的な蒸気列車の先頭を奪って撮影した。

引き続いて開会式が始まった。「御鼓坊」、「淡水竹馬」、「電音三太子と土地公」、「客家方口獅芸」、「明日の星舞団」、「身声劇場」などを共に踊って、街に出て演出した。また、レトロな衣装の役者たちが雑貨車に乗り、天秤棒を担いで「雑を売る」、黄包車、豆花屋などのレトロな演出も行われ、民衆を率いて時空を超え、1920年代に文化を集め、古い街富岡百年前の風華時代を体験した。それに、T 668の古い列車を駅のそばで民衆に会いを手配し、多くの観光客が争って雄姿を見て、携帯を手に取って記念写真を撮った。

桃園市長の鄭文燦によると、台湾経済は鉄道に従って発展し、多くの都市でも駅を中心に生活を大幅に変えている。富岡は駅の建設で盛んになり、鉄道の改道に連れて風華の年も終止符を打っている。地方の栄景を再構築するため、2018年に開催された地景芸術祭を除いて、日拠時代に建てられた富岡駅は、重要な米と貨物の集散地として、古い汽車の記憶が深く残る。そして鉄富岡基地がそこにあり、鉄道ファンに愛されているから、市は富岡鉄道芸術祭を開催することを決めた。14の新しい芸術創作を加えたほか、レジャー農業区、古い街の再生と鉄道文化などを結合して、イベントの祝祭ブランドを作り、町の魅力をアピールし、地方経済を牽引する。

交通部門台湾鉄道管理局の張政源氏によると、台湾列車は清朝から今まで133年にわたって、経済の向上に重要な役割を果たしてきた。今回は桃園市と台鉄が協力して、古い列車を出動させることは、地方と中央が協力して地元の文化と観光を推進してほしいということだ。張局長はさらに、土地が人の体であれば、鉄道の線路の至るところは人の脊椎のように行くところように、経済が開発され、地方に活路があり、今は道を探している時から、鉄道文化を前進の力とするのは必要で、この時、台鉄は真珠のネックレス計画を推進して、各駅を真珠とし、鉄道をネックレスにして、軌道経済の新たなきっかけを作っている;また、鉄道旅行にもっと力を入れて、2022年は鉄道観光年ので、台鉄は観光列車を改造するだけではなく、軟硬体サービスも一回で全部揃えて、台湾の経済奇跡の再来を期待していると指摘した。

台鉄局によると、DT 668蒸気機関車は、民国30年(1941年)に日本川崎車両株式会社が製造したことで、車の重さは124トンで、台湾鉄道輸送トンクラス最大の車種である。「蒸気機関車の王」と呼ばれて、鉄道鉄道ファンは「国王」と愛称し、貨物列車を牽引することを主とし、旅客列車を補助とし、鉄道史に残る不朽の伝説とも言える。

桃園市政府は今年初めて「富岡鉄道芸術祭」を開催した。お祭り活動に参加することで、伝統と新生との対話中で富岡を再認識したいのだ。富岡原名は「伯公岡」で、桃園の楊梅の最南端に位置する。全区の土地公(客語で「伯公」という)廟が林立しており、初期には農村を中心とした客家が集まった。富岡と鉄道共生共栄、1929年日治時代の鉄道行経、鉄道駅が設立され、貨物交換と米の集散地のために、駅前の中正路の古い通りにバロックの古い家がずらりと並んでいる。昔の繁栄した人波の流れの歴史を目撃していた。

桃園市政府文化局は地元生活の美学を発掘して出発し、芸術を通じて富岡を鑑賞し、今年は合計14点の新創作がある。芸術家の許宗傑は三連阽の百羽の白鷺の新作は、2018年の景芸術祭の創作に続き、自然の風力を巧みに活用して運動エネルギーの動態彫刻を作り出し、優雅に漫歩して頭を下げて餌を探す;芸術家の頼純純は鮮明な個人の風格と民生の環境を合わせて、多彩で満開な花を創造するのは富岡小鎮の再生する生命力に呼応します。芸術家の謝嘉亨は経典の台湾の第一部蒸気列車「騰雲号」を再現した;台鉄富岡工場の葉時進さんと龍盛玉さんは廃棄列車の部品を利用して特色ある人形を作った;芸術家の頼哲祥さん、李達皓さんと林金昌さんの奇想で公園の一角、街道と曲がり角に隠れて、古い町の街角に子供のような想像を与えた;また今年4月に開催された富岡鉄道装置芸術征件は、74件の唯一無二の創作から厳選された過程を経て、6つの芸術装置が入選された。新鋭芸術家の鍾佩榕、呉韋廷、首触り団体、鄞嘉瑋と連国淵チーム、Harumaki Studioチームは芸術を通じて改めて町の想像を反転させ、観光客に町を散歩させながら景芸術を鑑賞させる。

素晴らしいイベントは8/16の「親子の民謡共遊楽会」、「MOMOMO親子台」、「DIY手作り創意趣」;8/21の「富岡鉄道基地探索の旅」、8/22の児童劇団が特別活動のために作った「小恐竜富岡歴険記」、富岡駅前広場の「客家金曲歓」、黄子軒と山平快、春面楽隊ChuNoodleと徐筱寧などを招待して演出する;また「おもてなし凧の達人献芸」、「凧彩絵DIY」、「小汽車搭乗体験」;8/23「気が狂った越境愛富岡」、「お客様鉄道仙草料理シェフショー」など多くの公演と活動がある。また、8/14-23の活動期間は富岡駅のサービスカウンターでビンゴカードを受け取って、装置の芸術場所で写真を撮ってカードをアップロードしテ、ビンゴカードを2線につなげるだけで、はがきセットを7枚獲得できる。毎日50名限定することだ。詳細はホームページ(fugangart.weebly.com)あるいはフェイスブック(https://reurl.cc/Aq5Z2d)を調べてくださる。

桃園市長の鄭文燦と台鉄局局長の張政源が共同で2020富岡鉄道芸術祭をスタートさせた

Person: Cheng Kai-Yuan
Email: [email protected]




Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>