2020年08月20日 13時30分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』を一部改良

予防安全技術「e-Assist」、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能向上

東京, 2020年08月20日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』に、予防安全技術「e-Assist」や高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能向上など、安全性・快適性を向上させる一部改良を施し、8月20日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は、1,325,500円~1,820,500円(消費税10%込)。



1. 変更のポイント
(1)予防安全技術「e-Assist」の4つの機能追加と、夜間の検知性能アップによるアクティブセーフティの向上
(2)運転席SRSニーエアバッグや、リヤシートベルトのプリテンショナー機構及び非着用ウォーニング着座センサーの追加設定によるパッシブセーフティのさらなる向上
(3)高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」の機能向上と、ヒルディセントコントロール[HDC*1]採用によるドライバーの負担軽減

『eKクロス』『eKワゴン』は、2020年次「RJCカーオブザイヤー」、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」を受賞、軽自動車を超えた走りと快適性、先進安全性能などが高く評価されました。また令和元年度自動車アセスメント(JNCAP*2)においても、予防安全性能評価の最高評価となる「ASV+++」と、衝突安全性能評価の最高評価となる5★(ファイブスター)を獲得し、高い安全性能が評価されました。今回の一部改良では安全性能をさらに向上させ、ドライバーの負担をより軽減することで、乗る人すべてに安心・安全を提供します。

2. 主な変更点
(1)アクティブセーフティ
安心・安全な運転をサポートする予防安全技術「e-Assist」に、4つの機能を追加しました。
1) 標識検知機能[TSR*3]
車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識を検知し、警報ブザー(車両進入禁止標識のみ)とインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促し、標識の見逃しを予防します。
2) 前方衝突予測警報[PFCW*4]
2台前を走る車両をミリ波レーダーでモニターし、急な減速など自車からは見えにくい前方の状況変化を検知します。減速が必要と判断した場合には、警報ブザーとインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促し、ブレーキの踏み遅れによる追突事故の回避をアシストします。
3) 先行車発進通知[LCDN*5]
信号待ちなどで停車中に、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合、警報ブザーとインフォメーション画面表示で、ドライバーに先行車の発進を通知します。
4) ふらつき警報[DAA*6]
走行中、ドライバーのハンドル操作から注意力が低下していると判断した場合には、警報ブザーとインフォメーション画面表示によりドライバーに休憩を促します。
ミリ波レーダーを追加し、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM*7]の夜間の検知性能を向上させました。

(2)パッシブセーフティ
ドライバーの下肢部にかかる衝撃を緩和する運転席SRSニーエアバッグと、リヤシートベルトのプリテンショナー機構及び非着用ウォーニング着座センサーを設定し、安全性を向上させました(『eKクロス』に標準装備、『eKワゴン』にメーカーオプション設定)。

(3)その他機能装備
ミリ波レーダーの追加により、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」の機能を向上、ドライバーの負担をさらに軽減します。
1) 追越し時の加速機能追加
追越し時、ウインカーを出すと設定速度内で加速し、先行車との車間距離を若干詰めることで、スムーズな追越しをアシストします。
2) ワイパー作動時の機能向上
ワイパー低速作動時の車線維持支援機能[LKA*8]と、ワイパー高速作動時のアダプティブクルーズコントロール[ACC*9]の利用を可能としました。
ヒルディセントコントロール[HDC]を新たに採用しました。急な坂道を下る際、低車速を維持することで、安心して走行することができます(『eKクロス』に標準装備)。
ヘッドライトのスイッチからOFFポジションを廃止し、ヘッドライトのつけ忘れを防止することで、安全運転に寄与します。
センターパネル部に充電用USBポートを新たに採用し、利便性を向上させました。

(4)ボディカラー
『eKクロス』のボディカラーに、サファイアブルーメタリックと、サファイアブルーメタリック/スターリングシルバーメタリック(有料色*10)を新たに設定し、モノトーン6色、2トーン5通りのラインアップとしました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5453.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自動車、クロスオーバーSUV 新型『エクリプス クロス』の予約注文を受付け開始
2020年10月15日 10時00分
 
三菱自、月額定額サービス「ウルトラ マイカープラン」を開始
2020年10月01日 13時30分
 
三菱自、軽スーパーハイトワゴン『eKクロス スペース』『eKスペース』が「2020年度グッドデザイン賞」を受賞
2020年10月01日 13時30分
 
三菱自、人事異動を発表
2020年09月30日 13時00分
 
三菱自動車、2020年8月単月生産・販売・輸出実績を発表
2020年09月29日 15時00分
 
三菱自動車、インドネシアで子どものための図書室兼集会所 開所式を開催
2020年09月28日 14時00分
 
三菱自、ピックアップトラック『L200』がロシアでカー・オブ・ザ・イヤー2020、他主要2賞を受賞
2020年09月28日 10時00分
 
三菱自、プエルトリコで『アウトランダーPHEV』を発売
2020年09月25日 10時00分
 
三菱自、『エクリプス クロス』のデザインを一新し、PHEVモデルを新たに設定
2020年09月17日 14時00分
 
三菱自、軽商用電気自動車『ミニキャブ・ミーブ』を一部改良して発売
2020年09月17日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>