2020年09月16日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、AIスコアリングプラットフォームサービス「Finplex EnsemBiz」提供開始

AI予測の根拠と次のアクションを自動提示し、様々な金融業務を支援

東京, 2020年09月16日 - (JCN Newswire) - 当社は、AIがスコアリング予測を行い、次の効果的なアクションを提示するAIスコアリングプラットフォームサービスを開発し、営業マーケティング、ローン審査、不正検知など、金融業界の様々な業務を支援する「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz(以下 Finplex EnsemBiz(フィンプレックス アンサンビズ))」として9月16日より提供開始します。

新サービスは、株式会社富士通研究所(注1)が開発したAI技術「Wide Learning(TM)」(注2)を組み込むことで、少ないデータでの高精度な予測と、次なるアクションの提示を可能にしています。これにより、例えば営業マーケティング活動での効率的なアプローチ、ローン審査業務の効率化、不正請求や詐欺の検知によるリスク回避といった様々な業務に活用することができます。これまでは、人が担っていたために判断に差が出ていたこれらの業務について、本サービスにより各種判断の均質性を高めます。さらに、AIによるスコアリング予測と次なるアクションについて、その根拠をわかりやすく提示する(特許出願済)ことで、AIのブラックボックス問題を解決し、AI活用のハードルを低減します。

当社は今後も、AIなどの先進技術を活用した新サービスにより、金融業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を牽引していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/09/16.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通研究所、非接触でクリーンなマルチ生体認証技術を開発
2021年01月21日 10時00分
 
NTTドコモ、5Gによる新たな価値創出に向け、富士通の不審者検知ソリューションを採用
2021年01月20日 14時00分
 
富士通、興味分野や度合いを可視化できる新サービス「Finplex eXgrow」を提供開始
2021年01月18日 10時00分
 
光洋と富士通、生体認証を使った日本初の一般向けレジなし店舗の実証実験を開始
2021年01月14日 10時00分
 
富士通研究所、人の複雑な行動を、連動する各関節の位置や接続関係から高精度に認識できるAI技術を開発 世界最高精度を達成
2021年01月13日 10時00分
 
富士通、執行役員人事を発表
2020年12月24日 16時30分
 
富士通、サブスクリプション型のサーバ・ストレージ・運用サービスを販売開始
2020年12月24日 10時00分
 
富士通グローバルデリバリーセンターフィリピンが国連の「女性のエンパワーメント原則」アワードで入賞
2020年12月23日 10時00分
 
富士通研究所、ヒトやモノなどのデータの一つひとつが持つ特徴的な因果関係を発見する技術を開発
2020年12月17日 10時00分
 
富士通と富士通フロンテック、広島銀行・長野県信用組合と共同で新型コロナウイルス感染症の感染防止対策をしたATMの実証実験を開始
2020年12月15日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>