2020年09月16日 16時00分

Source: Hitachi

日立、英国原子力発電所建設プロジェクト事業運営からの撤退について


東京, 2020年09月16日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、2019年1月に凍結した*1英国での新規原子力発電所建設プロジェクト(以下、ホライズンプロジェクト)の事業運営から撤退することを決定しました。プロジェクト凍結から20カ月が経過し、新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより投資環境が厳しさを増していることも考慮し、撤退する判断に至りました。

ホライズンプロジェクトは、英国における原子力事業の展開と、英国政府のエネルギー政策への貢献ならびに日本の原子力産業を支える事業基盤の維持・強化を図るため、日立が2012年11月に買収したHorizon Nuclear Power Limited(ホライズン社)のもとで、英国ウェールズ北西岸に接するアングルシー島のウィルヴァ・ニューウィッドにおいて、UK ABWR*2 2基を用いた原子力発電所の開発を進めてきたものです。

日立は、プロジェクトの資金調達モデルや発電所の建設・運営に関する諸条件の決定にはさらなる時間を要すると判断し、2019年1月に、民間企業としての経済合理性の観点からプロジェクトの凍結を決定しました。

今回、事業運営からの撤退を決定したことに伴い、日立は今後、英国政府や関係機関とともに、建設予定地の扱いやABWRライセンス*3を所有する日立の協力などについて調整していきます。なお、ホライズンプロジェクトについては、凍結に伴い2019年3月期連結決算において減損損失等2,946億円を計上しているため、今回のプロジェクト事業運営撤退に伴う業績への影響は軽微です。

日立は、英国政府、ウェールズ政府ならびに住民の皆さま、日本政府ならびに関係者の皆さまのこれまでのご支援、ご協力に深く感謝します。今後もエネルギー事業を含む社会イノベーション事業を通じて、社会価値・環境価値・経済価値に加え、人々のQoLの向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/09/0916.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、脱炭素社会の実現に向けて設備やサービスごとの再生可能エネルギーの使用状況を見える化するシステムを開発
2021年01月22日 11時00分
 
日立、マルチクラウド環境で、人のスキルに依存しないシステム監視と一元的な業務運用管理を容易にする「JP1」の最新版を販売開始
2021年01月21日 10時00分
 
日立、基幹システムのクラウド移行に向けた戦略策定、システム再構築・移行を効率化する新たなサービスを販売開始
2021年01月19日 11時00分
 
オリンパスと日立、超音波内視鏡システムの長期協業契約に合意
2021年01月06日 12時00分
 
日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワおよび日信工業は経営統合を完了し、日立Astemoとして営業開始
2021年01月06日 11時00分
 
日立、静岡銀行の次世代オープン勘定系システムが稼働開始
2021年01月04日 11時00分
 
日立、2021年社長年頭の挨拶
2021年01月04日 09時00分
 
日立とみずほが、ブロックチェーン技術を活用した金流・商流・物流の一体管理とサプライチェーンファイナンスの高度化に関わる実証実験を開始
2020年12月28日 13時00分
 
日立キャピタル・日立アジア・サンテックがタイにおける太陽光発電事業促進に向けた協業を開始
2020年12月25日 13時00分
 
日立と日立ビルシステム、エレベーター用感染症リスク軽減ソリューションを強化
2020年12月22日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>