2020年10月02日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、練馬区様・中央区様と共同で、住民税賦課業務を支援するAIの全国展開に向けた実証を開始

全国の自治体における膨大な賦課修正作業の約60%削減を実現へ

東京, 2020年10月02日 - (JCN Newswire) - 当社は、東京都練馬区(区長:前川燿男、以下 練馬区)様、東京都中央区(区長:山本泰人、以下 中央区)様と共同で、住民税額の確認や修正を行う住民税賦課業務における複数種の課税書類(確定申告書、給与支払報告書、年金支払報告書など)の間での不整合を抽出し、修正方法を提示するAIの全国展開に向けた実証を開始し、2020年10月より実証システムの環境構築を実施します。

本共同実証は、練馬区様と当社が同テーマで2019年10月から2020年7月まで行った実証成果を踏まえ、練馬区様と中央区様、当社の3者で採択された総務省「自治体AI共同開発推進事業」に基づき実施するものです。株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:原裕貴、以下 富士通研究所)が練馬区様との共同実証で開発した、複数種の課税書類間の不整合を抽出し修正方法を自動提案するAIを活用し、中央区様のデータを用いてその導入効果を検証します。また、自治体の規模を問わず全国の自治体の住民税賦課業務でのAI適用と賦課修正作業の約60%削減を目指し、汎用的なAI仕様の策定、およびAI導入・運用手順の標準化を検討します。

当社は、本事業で構築した住民税賦課業務向けのAI学習モデルをもとに新ソリューションを開発し、2021年度下期に自治体向け税業務システム「FUJITSU 公共ソリューション MICJET(以下、MICJET)」のラインナップに追加し提供予定です。

本共同実証については、10月14日(水曜日)から開催するオンライン形式のグローバルイベント「Fujitsu ActivateNow」にて、10月16日(金曜日)より紹介します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/2.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、ハイブリッドIT環境のセキュリティ運用を支える「インテリジェンスマネージドセキュリティサービス」を販売開始
2020年11月30日 10時00分
 
富士通研究所、超高速のパケット処理性能を実現、仮想ルーター高速化技術を開発
2020年11月27日 10時00分
 
富士通、電子カルテシステムと連携した「オンライン診療ソリューション」を順次販売開始
2020年11月25日 10時00分
 
富士通、東京都立中央図書館様と共同で利用者サービス向上に向けた実証実験を開始
2020年11月24日 14時00分
 
富士通研究所と伊LARUS社、グラフデータベースと説明可能なグラフAI技術により金融取引の解析性能を向上
2020年11月24日 10時00分
 
国立環境研究所・理研・富士通・メトロ・東大、スーパーコンピュータ「富岳」を利用した史上最大規模の気象計算を実現
2020年11月20日 10時00分
 
産総研・理研・富士通、機械学習処理ベンチマークMLPerf HPCにて最高レベルの速度を達成
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に通算21回目の選定
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、スーパーコンピュータ「富岳」がTOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500にて2期連続世界第1位を獲得
2020年11月17日 09時00分
 
富士通、300万部品を0.2秒で処理する3次元CAD「iCAD SX V8L1」を販売開始
2020年11月16日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>