2020年10月14日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通とバンキングチャネルソリューションズ、みずほ銀行様に営業店事務のデジタルシフトを加速するタブレットソリューションを提供

勘定系システムとオンライン接続させることで、タブレットからペーパーレスで取引を完結

東京, 2020年10月14日 - (JCN Newswire) - 富士通株式会社(代表取締役社長:時田 隆仁、以下 富士通)、およびバンキングチャネルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:鳥飼 欣世、以下 バンキングチャネルソリューションズ)(注1)は、みずほ情報総研株式会社(代表取締役社長:向井 康眞)様と共同で、株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、以下 みずほ銀行)様向けに、営業店でお客様がタブレットから直接、入金や出金、振込、口座開設、住所変更などの手続きが行えるタブレットソリューションを開発、提供しました。両社は、タブレットをサブスクリプション型で提供するほか、マルチベンダーのハード保守と運用サポートを行うサービスをトータルに提供します。

みずほ銀行様は、10月より、本タブレットソリューションを全国348店舗に順次展開し、サービス開始予定です。今回、みずほ銀行様の新勘定系システム「MINORI」にタブレットから直接オンライン接続できる仕組みにしたことで、来店した個人のお客様は、申込書への記入などを行うことなく、タブレットへの入力のみで取引を完結できるようになり、手続きの簡略化によるお客様サービスの向上とみずほ銀行様における事務工数の大幅な削減につながります。

富士通とバンキングチャネルソリューションズは、今後も、みずほ銀行様の営業店業務のさらなるデジタルトランスフォーメーション(DX)化を推進し、お客様のコンサルティング業務を重視した次世代店舗への変革を支援していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/14.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、電子カルテシステムと連携した「オンライン診療ソリューション」を順次販売開始
2020年11月25日 10時00分
 
富士通、東京都立中央図書館様と共同で利用者サービス向上に向けた実証実験を開始
2020年11月24日 14時00分
 
富士通研究所と伊LARUS社、グラフデータベースと説明可能なグラフAI技術により金融取引の解析性能を向上
2020年11月24日 10時00分
 
国立環境研究所・理研・富士通・メトロ・東大、スーパーコンピュータ「富岳」を利用した史上最大規模の気象計算を実現
2020年11月20日 10時00分
 
産総研・理研・富士通、機械学習処理ベンチマークMLPerf HPCにて最高レベルの速度を達成
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に通算21回目の選定
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、スーパーコンピュータ「富岳」がTOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500にて2期連続世界第1位を獲得
2020年11月17日 09時00分
 
富士通、300万部品を0.2秒で処理する3次元CAD「iCAD SX V8L1」を販売開始
2020年11月16日 11時00分
 
富士通研究所、AIによる大量の自動映像監視を実現する映像特徴量の高圧縮技術を開発
2020年11月16日 10時00分
 
富士通、産官学共同によるAI研究開発、実証、社会実装を加速
2020年11月13日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>