2020年10月19日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、理研様のデータ科学基盤「HOKUSAI-SailingShip」が本格稼働開始

多様な研究データの利活用を促進し、研究活動を強力に支援する基盤を当社が構築

東京, 2020年10月19日 - (JCN Newswire) - 当社は、国立研究開発法人理化学研究所(所在地:埼玉県和光市、理事長:松本紘、以下、理研)様とともにデータ科学基盤「HOKUSAI-SailingShip」を新たに構築しました。本システムは理研様の研究活動において生成される膨大かつ高品質な研究データの処理や利活用を促進する目的で調達・導入され、2020年6月からの試験運用を経て、10月19日より本運用が開始されます。

「HOKUSAI-SailingShip」は、OpenStack(注1)ベースの仮想化基盤「Mirantis Cloud Platform(注2)」を搭載した当社PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY(プライマジー) CX2550 M5」440台と、データアクセスのための様々なプロトコルに互換性をもつ30ペタバイトのストレージシステムを採用することで、パブリッククラウドとの連携による多様なアプリケーションやデータ資産の利活用を促進し、オープンサイエンスの推進や研究成果の普及が期待されています。

当社は、データ科学基盤「HOKUSAI-SailingShip」により、安心・安全かつ利便性の高い研究環境の基盤運用を強力に支援していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/19.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通研究所、超高速のパケット処理性能を実現、仮想ルーター高速化技術を開発
2020年11月27日 10時00分
 
富士通、電子カルテシステムと連携した「オンライン診療ソリューション」を順次販売開始
2020年11月25日 10時00分
 
富士通、東京都立中央図書館様と共同で利用者サービス向上に向けた実証実験を開始
2020年11月24日 14時00分
 
富士通研究所と伊LARUS社、グラフデータベースと説明可能なグラフAI技術により金融取引の解析性能を向上
2020年11月24日 10時00分
 
国立環境研究所・理研・富士通・メトロ・東大、スーパーコンピュータ「富岳」を利用した史上最大規模の気象計算を実現
2020年11月20日 10時00分
 
産総研・理研・富士通、機械学習処理ベンチマークMLPerf HPCにて最高レベルの速度を達成
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に通算21回目の選定
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、スーパーコンピュータ「富岳」がTOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500にて2期連続世界第1位を獲得
2020年11月17日 09時00分
 
富士通、300万部品を0.2秒で処理する3次元CAD「iCAD SX V8L1」を販売開始
2020年11月16日 11時00分
 
富士通研究所、AIによる大量の自動映像監視を実現する映像特徴量の高圧縮技術を開発
2020年11月16日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>