2020年10月19日 11時00分

Source: Hitachi

日立、数十人、数百人規模の最適な勤務シフトを作成するソリューションを提供開始

量子コンピュータを模した日立独自の計算技術CMOSアニーリングにより、複雑な勤務希望に対応したシフト作成を短時間かつ手軽に実現

東京, 2020年10月19日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、日立独自の計算技術CMOSアニーリング*1を活用し、数十人や数百人規模の勤務シフトを作成する「勤務シフト最適化ソリューション」(以下、本ソリューション)を、10月19日から提供開始します。

本ソリューションは、量子コンピュータを疑似的に再現*2し、大規模で複雑な組合せ最適化問題を高速に解くことができる日立のCMOSアニーリングを活用して、時間ごとの必要人数やタスク(職務)、休暇希望、勤務頻度、通勤時間などの複雑な条件に対応した勤務シフトの作成を可能にするものです。サービスセンターやコールセンターなどの大規模な勤務シフトにおいて、画一的なローテーションによるシフト組みではなく、細かな制約を複合的に考慮した最適な要員配置を実現します。

なお、本ソリューションの提供開始に先立ち、三井住友フィナンシャルグループのコールセンター数ヵ所で活用し、共同で実務上の評価観点を検討・実証したところ、人手で作成する従来の勤務シフトと比較して余剰配置の発生を約80%削減するなど、要員配置の適正化に対する高い有効性が確認できました。

一般的に、サービスセンターやコールセンターといったシフト制を導入する職場では、過去の繁忙期の傾向や、個人やチームのタスク・希望など、細かな制約を考慮してシフトを作成する必要があるため、大規模になるほどシフト作成に膨大な工数と時間を要します。また、複雑な条件をすべて満たすシフトを人手で作成することには限界があるため、毎週固定のローテーションを組むケースが多く、その結果、勤務者の希望や状況を柔軟に反映できないという問題や、本来必要な人数に対して過不足が発生するという問題が起こりやすくなります。

加えて、昨今、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、「密」を避けた交代制シフト勤務や非対面業務など多様な勤務形態を取り入れる企業が増え、さまざまな業種において、これまでの画一的な勤務体系が見直され、適正な人員数を配置する必要性がますます高まっています。

本ソリューションの中核技術として活用するCMOSアニーリングは、2015年に日立の研究開発グループが開発し、「組合せ最適化問題」と呼ばれる極めて複雑で大規模な計算課題を短時間で解くことができる技術です。無数の組合せパターンの中から最適な解を選び抜くため、通常のコンピュータで処理をすると、変数が増加するにつれ計算時間が膨大になる大規模な問題も、CMOSアニーリングを活用することにより、高速に計算することが可能になります。

本ソリューションでは、CMOSアニーリングによって、職場ごとの複雑な制約・条件を考慮しながら、大規模な要員配置の最適解を導き出します。これにより、過剰配置によるコスト増加や人員不足による対応の遅延、サービス品質の低下などを防ぐことが期待できます。また、導入にあたっては、過去の実績をもとに、混雑が予想される日時など、将来の業務量を予測する機能もオプションとして提供可能です。

なお、本ソリューションは、CMOSアニーリングの利用環境をクラウドサービス形態で提供し、マシン購入や専用回線の設置は不要です。お客さまの使い勝手や実際の運用を考慮しながら、シフトを決定する上で必要な条件を個別にカスタマイズする、セミオーダーメイドタイプのソリューションであるため、導入後、お客さまはWebブラウザなどから必要項目を入力するだけで手軽に最適なシフトを作成でき、シフト作成の作業負荷を大幅に軽減することが可能となります。

日立は、本ソリューションの提供開始に先立ち、日立社内においても、CMOSアニーリングを活用した高速シフト作成の先行実証を進めてきました。緊急事態宣言下の2020年5月から、中央研究所(東京都国分寺)に所属する約360名の研究者を対象に、CMOSアニーリングによって作成したシフト出社制を導入しています。研究活動は特別な設備を使用する必要があるため、出社時間を4シフト制とし、所属チームや研究内容、実験の進捗、実験設備の使用状況、希望出社頻度、通勤時間など条件を細かく設定することで、数百人規模の「3密」回避のシフトを効率的に作成し、新型コロナウイルスへの感染リスクを最小限に抑えながら、円滑に研究活動を継続することができました。

今後、ニューノーマルな社会では、在宅勤務と出社双方の良さを生かしたフレキシブルな働き方にシフトしていくことが予想されるため、本ソリューションを、デジタルイノベーションを加速する日立のLumada*3ソリューションの一つとして幅広い業種業態に展開し、企業のワークライフバランスや多様な働き方への対応を支援していきます。

また、日立は、CMOSアニーリングの開発をさらに強化し、金融商品のポートフォリオ作成や、物流倉庫におけるピッキング作業の高度化といったさまざま分野において、お客さまのビジネスを支える基幹業務での活用をめざして、各種ソリューションの拡充に取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/10/1019a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、ニューノーマルな働き方を支援するサービスを体系化し販売開始
2020年11月25日 16時00分
 
がん研有明病院と日立、タブレット型ロボットによるAI問診を活用した"がん薬物療法の治療支援"の評価研究を開始
2020年11月19日 12時00分
 
蘇州不二工机と日立が協創を通じ、製品トレーサビリティ強化とサプライチェーン連係を実現するスマートな高効率生産システムを構築
2020年11月16日 13時00分
 
北大と日立が共同開発した2軸CBCT機能及び2軸四次元CBCT機能が医療機器の製造販売承認を取得
2020年11月13日 13時00分
 
日立、ニューノーマルで求められるビルの高付加価値化を実現するビル向けのIoTプラットフォーム「BuilMirai」を開発
2020年11月12日 10時00分
 
日立、テレワーク環境の早期立ち上げを可能にする「クライアントサービス(Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop)」を販売開始
2020年11月10日 13時00分
 
住信SBIネット銀行と日立の共同出資会社、トランザクション・レンディング向けにコンソーシアム型AI審査モデルを開発
2020年11月06日 13時00分
 
東京ドームのプロ野球公式戦における感染対策に向けた技術実証に日立の「人流可視化ソリューション」を導入
2020年11月06日 09時00分
 
日立、オープンイノベーションを加速するパートナー制度「Lumadaアライアンスプログラム」をグローバルで開始
2020年11月04日 13時00分
 
日立、ニューノーマルにおける新たな働き方の実現に向けてハンコレス/ペーパーレス・オフィス改革を推進
2020年10月26日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>