2020年10月20日 09時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱造船、LNG燃料ガス供給システムの設計基本承認(AIP)を取得

フランス船級協会(BV)から舶用4ストローク二元燃料主機向けで

東京, 2020年10月20日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:北村 徹、本社:横浜市西区)は、舶用4ストローク二元燃料主機(注1)用のLNG(液化天然ガス)燃料ガス供給システムである「FGSS(Fuel Gas Supply System)」の設計基本承認(Approval in Principle:AIP)(注2)をフランス船級協会ビューロベリタス(Bureau Veritas:BV)から取得しました。本日、横浜市の三菱造船本社にてAIP授与式が行われたものです。

FGSSは、LNG燃料タンク、ガス供給ユニットおよび制御装置などで構成されています。今回AIPを取得したFGSSは、大型船舶向けFGSSの製品開発で培った技術・ノウハウをベースに、主に内航フェリーや中小型貨物船への搭載を想定して開発したシステムです。LNG燃料タンクには、小型の真空断熱式タンクを採用しています。同方式のタンクは二重殻構造であり、高い断熱性の確保とともにタンク外筒部分を常温にできることでタンク支持構造がシンプルとなり、据付作業の省力化が可能となります。また、タンク付属品が装備されるタンクコネクションスペース(注3)は、操作性やメンテナンス性を確保しつつ省スペース化を実現しています。

一方、大型船舶向けでは、株式会社新来島豊橋造船(社長:森本 洋二氏、本社:愛知県豊橋市)で建造中である日本初のLNG燃料自動車船向けに昨年度FGSSを納入しており、現在2番船向けのFGSSも製造中です。これらFGSSは、大型の外部防熱式タンクを採用しており、主に大型船舶への搭載を想定したシステムとなります。

三菱造船は、今後も製品ラインアップを広げることで幅広い顧客ニーズに応えていきます。また、舶用FGSSメーカーの立場で製品を供給するだけでなく、エンジニアリング会社としてもLNG燃料化に伴うガスハンドリング関連周辺設備のエンジニアリングサービスを提供することで、今後大きく伸長すると期待される中小型から大型までのLNG燃料船の設計・建造を支援し、海上物流のさらなる発展と環境負荷の低減に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/201019.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工サーマルシステムズ、環境負荷が少ないR32冷媒を使用した欧州市場向けビル用1ファンマルチ室外機を開発
2020年11月27日 16時00分
 
三菱重工エンジニアリング、専門組織「脱炭素事業推進室」を新設
2020年11月20日 16時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2020年11月20日 14時30分
 
三菱重工、初のグリーンボンド発行条件決定のお知らせ
2020年11月17日 15時00分
 
三菱重工、ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」における「Asia Pacific Index」の構成銘柄に4年連続で選定
2020年11月16日 18時00分
 
三菱造船、船舶の未来像を探る"ROBOSHIP 価値共創プロジェクト PoC in Tokyo 2020"に参画
2020年11月11日 18時00分
 
三菱重工、航空エンジン部品の新工場「MHIAEL長崎工場」が長崎造船所の敷地内に完成
2020年11月04日 18時45分
 
三菱造船、舶用LNG燃料ガス供給システム初号機搭載、国内初のLNG燃料自動車運搬船が就航
2020年11月04日 12時30分
 
三菱重工、ベンチャーやものづくり企業など様々な仲間が集う共創空間「Yokohama Hardtech Hub」を横浜・本牧に開設
2020年10月27日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、開発試験棟を枇杷島製作所内に新設、業務用冷熱製品のさらなる開発力強化へ
2020年10月22日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>