2020年10月20日 12時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工、仏EcoVadis社の2020年サスティナビリティ調査で昨年に引き続き「シルバー」評価を獲得


東京, 2020年10月20日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、フランスのサプライチェーンに関する評価機関のエコバディス社(EcoVadis)による2020年のサスティナビリティ(持続可能性)調査において、「シルバー」の評価を昨年に引き続き獲得しました。持続可能な開発目標(SDGs)が世界の普遍的課題となるなか、環境、労働と人権、倫理、および持続可能な資材調達の4分野にわたり、三菱重工グループの企業活動として重要性を増しているサプライチェーンに対する取り組みが高く評価された結果です。

シルバーの評価は、最高位の「ゴールド」に次ぐ2番目に高いもので、三菱重工グループは評価を受けた全企業の中で上位24%、一般機械製造業界内では上位16%に入る評価を獲得したものです。

エコバディス社は、グローバルなクラウドベースのプラットフォームを介して、サプライヤー企業のSDGsへの取り組みに関する評価データをバイヤー企業に提供しており、これまでに4万5,000社を超える企業が評価を受けています。

三菱重工グループは、社会の持続可能な発展を目指して、自社および顧客における環境負荷の低減、女性の活躍推進、社会貢献活動、企業統治と情報開示の強化など、ESG(環境・社会・ガバナンス)の各側面において様々な取り組みを積極的に進めてきました。そのことが評価され、多くのESG投資指数にも組み入れられていますが、今回、グローバル市場における持続可能なサプライヤーとしても存在感を高めることができたといえます。

三菱重工グループは、2年連続でシルバー評価を獲得したことを励みにSDGsへの取り組みにさらなる力を注ぎ、ステークホルダーから信頼される企業として、また、社会の持続可能な発展に貢献する企業として成長していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/20102001.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工サーマルシステムズ、環境負荷が少ないR32冷媒を使用した欧州市場向けビル用1ファンマルチ室外機を開発
2020年11月27日 16時00分
 
三菱重工エンジニアリング、専門組織「脱炭素事業推進室」を新設
2020年11月20日 16時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2020年11月20日 14時30分
 
三菱重工、初のグリーンボンド発行条件決定のお知らせ
2020年11月17日 15時00分
 
三菱重工、ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」における「Asia Pacific Index」の構成銘柄に4年連続で選定
2020年11月16日 18時00分
 
三菱造船、船舶の未来像を探る"ROBOSHIP 価値共創プロジェクト PoC in Tokyo 2020"に参画
2020年11月11日 18時00分
 
三菱重工、航空エンジン部品の新工場「MHIAEL長崎工場」が長崎造船所の敷地内に完成
2020年11月04日 18時45分
 
三菱造船、舶用LNG燃料ガス供給システム初号機搭載、国内初のLNG燃料自動車運搬船が就航
2020年11月04日 12時30分
 
三菱重工、ベンチャーやものづくり企業など様々な仲間が集う共創空間「Yokohama Hardtech Hub」を横浜・本牧に開設
2020年10月27日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、開発試験棟を枇杷島製作所内に新設、業務用冷熱製品のさらなる開発力強化へ
2020年10月22日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>