2020年10月26日 10時00分

Source: Eisai

エーザイ、Cogstate社のデジタル認知機能評価技術の開発権と商業化権に関する契約をグローバルに拡大することに合意


東京, 2020年10月26日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)とCogstate, Ltd.(本社:米国およびオーストラリア、CEO: Brad O’Connor、以下 Cogstate社)は、このたび、Cogstate社が開発した「Cogstate Brief Battery(TM)」(以下 CBB)を含む全ての認知機能テストについて、医療用・非医療を問わずエーザイが全世界における開発権および独占的商業化権に関する契約を締結したことをお知らせします。今回のグローバルライセンス契約は、Cogstate社が開発したCBBを含む全ての認知機能テストについて、エーザイが2019年8月に日本における独占的開発・商業化権を獲得したパートナーシップを拡大するものです。今後、CBBについて、個人の日常生活における生活習慣の見直しや予防行動の実践に向けたブレインパフォーマンス(脳の健康度)のセルフチェックツール、さらには医療用の認知機能評価ツールとしての開発を両社で協力してグローバルに進めていく予定です。

Cogstate社によって開発されたCBBは、精神運動機能、注意、作動記憶および視覚学習を評価する4項目から構成されており、認知機能のセルフチェックが可能な科学的に検証されたデジタルツールです。米国、欧州、オーストラリア、ニュージーランド、カナダでは、CBBを医療従事者向けの専門的なフィードバック機能を有する医療用として開発した「Cognigram(TM)」が医療機器として承認され、医療従事者によるMCI(軽度認知障害)および認知症の診察、診断の支援に使用されています。

エーザイは、中期経営計画EWAY2025において、戦略的重点領域に定めた「神経」「がん」領域における新薬創出に加え、疾患エコシステム・プラットフォームの構築により、デジタルを含めた早期診断・早期治療に向けた環境整備やソリューションの提供をすることで、「Medico Societal Innovator(薬とソリューションで社会を変える企業)」となることをめざしています。

Cogstate社は、脳の健康に関する評価を血圧と同様に簡便かつ一般的で有用なものにすることをめざしています。70以上の言語で利用可能なCogsate社のテクノロジーは、600以上の査読付き論文を含む広範な科学的検証によってサポートされています。Cogstate社のテクノロジーはエーザイが実施した試験を含む多くの臨床試験で広く使用されています。

今回のグローバル提携により、エーザイが日本において、CBBをブレインパフォーマンスをセルフチェックするためのデジタルツール(非医療機器)として開発し、「のうKNOW(TM)」(読み:ノウノウ)として発売している取り組みを世界で再現することをめざします。エーザイは、日本において、CBBを医療用の診断ツールとして開発することも検討中です。

近年、様々な研究において、定期的な運動や睡眠、バランスの良い食事、社会的活動などの生活習慣を見直すことにより、脳の健康度低下のリスクを減らすことができる可能性が示されていますが、エーザイの調査によれば、正しい予防行動を理解している方や認知機能をチェックしている方は少なく、それらの習慣化に向けて大きな溝(キャズム)が存在しています。

キャズムの解消に向けて、日本では、エーザイは認知症プラットフォーム「Easiit(イージット)」の構築を進めています。中核となるのが、ブレインパフォーマンスのセルフチェックツール「のうKNOW」と脳と身体の健康データの可視化による健康習慣促進への貢献をめざす「Easiitアプリ」です。働き盛りの世代から、「のうKNOW」を用いてブレインパフォーマンスを定期的にセルフチェックするとともに、「Easiitアプリ」により生活習慣の見直しや予防行動を実践し、脳と身体に良い健康習慣をつくるきっかけとなることが期待されます。

本提携を通じて、エーザイとCogstate社は、より簡便に認知機能をセルフチェックできるデジタルツールの開発および医療領域での診断ツールとしての開発に連携して取り組み、世界でブレインパフォーマンスに対する意識を高め、人々の健康的な生活の実現に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2020/news202066.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、新規線維芽細胞増殖因子(FGF)受容体選択的チロシンキナーゼ阻害剤E7090が日本においてFGFR2融合遺伝子を有する切除不能な胆道がんを予定される効能・効果として厚生労働省より希少疾病用医薬品に指定
2021年02月22日 14時00分
 
エーザイ、ヒューマン・ヘルスケア理念実現に向けた取り組みについて「企業フィランソロピー大賞」を受賞
2021年02月22日 09時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ(R)」と「キイトルーダ(R)」の併用療法が進行性腎細胞がんの一次治療として、対照薬のスニチニブに対して、無増悪生存期間および全生存期間の有意な改善を示す
2021年02月15日 09時00分
 
バイオジェンとエーザイは、アデュカヌマブの生物製剤ライセンス申請に関するFDAによる審査期間の3カ月延長を発表
2021年02月01日 11時00分
 
エーザイ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)」を韓国において新発売
2021年02月01日 10時00分
 
エーザイ、「世界で最も持続可能な100社」に5回目の選定
2021年01月26日 13時00分
 
エーザイ、米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウムにおいてレンバチニブに関する演題を発表
2021年01月12日 11時00分
 
エーザイ、人事異動ならびに組織改編(2021年1月1日付)を発表
2020年12月24日 17時00分
 
エーザイ、川島工園に第5製剤棟が竣工 抗がん剤「レンビマ(R)」製剤の自社生産機能を強化
2020年12月18日 09時00分
 
エーザイ、進行性子宮内膜がんを対象としたレンビマとキイトルーダ併用療法の臨床第III相試験について発表
2020年12月17日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>