2020年10月26日 13時00分

Source: NEC Corporation

横浜国立大・相鉄バス・NEC、車内混雑状況を可視化したバス運行情報アプリ「YNUダイナミックバスマップ」の試験公開

Wi-Fi センシングによるリアルタイムな混雑情報の提供

東京, 2020年10月26日 - (JCN Newswire) - 横浜国立大学(横浜市保土ケ谷区、学長:長谷部勇一)の持続可能なモビリティシステム研究拠点(代表:中村文彦(副学長))は、相鉄バス株式会社(本社・横浜市西区、取締役社長・菅谷雅夫、以下「相鉄バス」)および日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下「NEC」)と連携し、令和2年10月8日に締結された横浜国立大学と相鉄バスとの連携協定に基づき、路線バス車内の混雑度情報をリアルタイムに可視化するバス運行情報アプリ「YNUダイナミックバスマップ」を令和2年10月26日から試験公開します。

「YNUダイナミックバスマップ」では、横浜国立大学関係者が多く利用する相鉄バスの特定路線を対象に、Wi-Fiセンサーによって計測されたデータをもとにバス車内の混雑度を割り出し、バスの現在位置情報とあわせて地図上にリアルタイム表示しています。このアプリは2017年に横浜国立大学COIサテライトが開発した、路線バス運行情報表示アプリ「YNUナビ」をリニューアルしたものです。

本アプリの活用によりバス車内の混雑情報を事前に知ることで、新型コロナウイルスなど感染症への対応や、ベビーカーや車いすでの移動時などにおいて、人々が適切に混雑を避け、より安心・安全にバスを利用できるようになると期待されます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202010/20201026_03.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、ローカル5Gをサービス型で提供開始
2020年11月26日 10時00分
 
NEC、Beyond 5Gに向けたホワイトペーパーを公開
2020年11月26日 10時00分
 
大阪大学サイバーメディアセンター、NECがクラウド連動型HPC・HPDA用スーパーコンピュータシステムSQUIDを2021年5月から稼働
2020年11月25日 14時00分
 
NEC、日通総合研究所と共同でSIP「スマート物流サービス」の実証実験を実施
2020年11月25日 14時00分
 
NECネクサソリューションズ、クラウド型RPAサービス「Robot as a Service」を提供開始
2020年11月25日 10時00分
 
NISSHAとNECソリューションイノベータ、テイクアウト容器のシェアリングサービス「Re&Go」の実証実験を開始
2020年11月24日 15時00分
 
NECと産総研、生産ライン構築や計画変更を高速化するAI技術を日産自動車と実証
2020年11月24日 10時00分
 
NEC、「Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)」に選定
2020年11月20日 10時00分
 
NEC、A3カラーページプリンタの最上位モデル「Color MultiWriter 3C750/3C730」を発売
2020年11月20日 10時00分
 
NEC、英国にOpen RANの事業開発拠点を設立し5Gのグローバル展開を加速
2020年11月19日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>