2020年10月28日 11時00分

Source: Eisai

エーザイとJD Health、中国における健康サービスプラットフォーム構築に向けた合弁会社を設立

中国の認知症当事者に向けたワンストップオンラインサービスによる新たな貢献をめざす

東京, 2020年10月28日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)と京東健康(本社:中国北京市、CEO:辛利軍、以下 JD Health)は、このたび、エーザイの中国子会社である衛材(中国)薬業有限公司(中国江蘇省蘇州市、以下 エーザイ中国)とJD Healthが中国国内における高齢者向けの健康サービスプラットフォーム構築をめざす合弁会社「京颐衛享(上海)健康産業有限公司(Jingyi Weixiang(Shanghai)Health Industry Development Limited Company)」を設立したことをお知らせします。

中国では高齢化が進展しており、2019年末時点での60歳以上の高齢者人口は、総人口の18.1%にあたる2億5388万人に上ります1。急速な高齢化に伴い、高齢者向けの高質な医療・介護に対するニーズが高まっており、その提供が課題となっています。一方、2012年からは民間医療保険下でのオンライン病院が解禁されるなど、デジタル技術を活用した医療分野におけるオンライン化が急速に発展しています2。

エーザイは、アルツハイマー病/認知症領域分野における35年以上の創薬活動の経験と豊富な開発パイプライン、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト(R)」の販売を通して獲得した認知症当事者やご家族の真のニーズに対する理解に加え、認知症専門医を含む医療関係者とのネットワークを有しています。JD Healthは、強固なeコマースビジネス基盤、インターネット医療サービスのノウハウおよび広大な中国の99%をカバーする物流インフラを有しています。このたび、JD Healthが51%、エーザイ中国が49%を出資して両社の強みを統合した合弁会社を中国に設立し、中国国内に向けた多様な情報・医療サービスから自身に最適なサービスを選択・利用できる高齢者向けの新たなワンストップ健康サービスプラットフォームの構築をめざします。まずは、認知症を対象としたプラットフォームを構築し、将来的に、高齢者に多くみられる幅広い疾患に拡大していく予定です。

本ワンストップ健康サービスプラットフォームは、中国国内において、以下の4つを柱とするサービスを主にオンライン上で提供する予定です。2021年1月以降、許認可の取得など事業準備が整ったサービスより、順次提供を開始する予定です。

- コミュニティサービス:
認知症の疾患啓発・早期発見を目的として、エーザイが有する認知症の疾患啓発に関する情報に加えて、認知機能のセルフチェックや、認知症予防行動の実施・習慣化に向けたツールを、インターネット上のプラットフォームを介して提供します。また、認知症当事者を介護する皆様を対象に、当事者や介護者の皆様同士によるコミュニケーションの場、メンタルヘルスに関する相談窓口およびカウンセリングを受けられる機会を提供し、介護者の皆様が持つ不安、悩みの解消や心のケアに対する支援をめざします。

- 医療サービス:
認知機能に不安を持つ方や認知症当事者に対して、プラットフォームに登録されたインターネット医療サービスを提供する医療機関を紹介し、オンラインによるヘルスケア相談、診察の予約、診察、治療(医薬品の処方からお届けまでを含む)を提供します。認知機能に関する早期の医療相談や診療につなげるとともに、スムーズに診察から治療までのサービスの提供を受けられるよう支援します。

- 介護サービス:
中国の主要な介護施設グループと連携し、対応地域、費用などのリクエストに応じて、認知症当事者とそのご家族が求める最適な介護施設、介護士を紹介します。利用後の評価情報についても蓄積することでさらなる情報の充実につなげます。また、認知症当事者のご家族を含む介護者の皆様に対しては、医療従事者による介護に役立つアドバイス、介護技術習得につながる教育プログラムおよびトレーニングといった幅広いサービスを提供します。プラットフォーム上で介護サービスに関する充実した情報を提供することによって、介護を利用する側と提供する側の双方のニーズを高いレベルで満たしていくことをめざしています。

- モールサービス:
医薬品、ヘルスケア用品、認知症当事者向け生活支援デバイスについて、高齢者ビッグデータから分析された認知症当事者の消費ニーズに基づいてオンライン販売を行います。さらに、認知機能や要介護の程度などの認知症当事者の状態に合わせて、必要とされる可能性の高い製品がオンライン販売画面上にカスタマイズされて提案されます。

エーザイとJD Healthは、両社のナレッジやネットワークを活用し、中国において、高齢者、特に認知症当事者とそのご家族に特化した医療、健康、生活サービスを提供する新たなワンストップ健康サービスプラットフォームを構築することで、中国における医療ニーズの充足に一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2020/news202068.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、人事異動ならびに組織改編(2020年11月20日付)を発表
2020年11月20日 15時00分
 
エーザイ、社会的責任投資指数「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」に7回目の選定
2020年11月18日 15時00分
 
ギリアドとエーザイ、日本で関節リウマチに対するJAK阻害剤「ジセレカ(R)錠」を新発売
2020年11月18日 09時00分
 
エーザイ、抗てんかん剤「Fycompa(R)」について欧州において小児てんかんに係る適応拡大の承認を取得
2020年11月16日 09時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ(R)」と「キイトルーダ(R)」の併用療法が進行性腎細胞がんを対象とした一次療法において統計学的に有意な改善を示す
2020年11月11日 09時00分
 
シスメックスとエーザイ、第13回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)において血液による簡便なアルツハイマー病診断法の創出に向けた学術報告
2020年11月09日 10時00分
 
エーザイ、第13回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)においてアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表
2020年10月28日 09時00分
 
Global Coalition for Adaptive Research・アムジェン・エーザイ、COVID-19グローバル試験に最初の患者様が登録されたことを発表
2020年10月27日 09時00分
 
エーザイ、Cogstate社のデジタル認知機能評価技術の開発権と商業化権に関する契約をグローバルに拡大することに合意
2020年10月26日 10時00分
 
エーザイ、アデュカヌマブの欧州医薬品庁への販売承認申請の提出について
2020年10月22日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>