2020年10月29日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通研究所、AI判定を意図的にだます偽装攻撃を検知する系列データ向け耐性強化技術を開発

サイバー攻撃検知AIにおいて世界で初めて効果を実証

東京, 2020年10月29日 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、複数の要素から成る系列データに対するAI活用において、偽造攻撃データを用いてAIモデルをだまし、意図的に判定を誤らせる攻撃への耐性を強化する技術を開発しました。

近年、様々な領域におけるAI活用が進む中、AIの誤判定を意図的に引き起こす攻撃のリスクが懸念されています。従来の攻撃対策技術は、画像・音声などのメディアデータ向けに適した技術が多く、通信ログやサービス利用履歴などの系列データへの適用には、模擬偽装攻撃データを用意する難しさや精度低下といった課題があり不十分でした。

これらの課題を解決するため、このたび系列データに適用可能なAIモデルの耐性強化技術を開発しました。本技術は、偽装攻撃を模擬したデータを大量に自動生成し、元の学習データセットと結合させることで判定精度を維持したまま偽装攻撃への耐性を向上させることが可能です。

本技術を当社が開発したサイバー攻撃への対処要否を判断するAIモデル(注2)へ適用した結果、独自の偽装攻撃テストデータにおいて約88%誤判定を防げることを確認しました。

本技術が対象としている系列データ分析AIは様々な分野で利用されており、本技術を活用することでメディアデータ向けに留まらない広範なAI活用システムの安全性向上に貢献します。

本技術の詳細は、10月26日(月曜日)から10月29日(木曜日)まで開催される「コンピュータセキュリティシンポジウム2020 (CSS 2020)」にて発表します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/29.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通研究所、超高速のパケット処理性能を実現、仮想ルーター高速化技術を開発
2020年11月27日 10時00分
 
富士通、電子カルテシステムと連携した「オンライン診療ソリューション」を順次販売開始
2020年11月25日 10時00分
 
富士通、東京都立中央図書館様と共同で利用者サービス向上に向けた実証実験を開始
2020年11月24日 14時00分
 
富士通研究所と伊LARUS社、グラフデータベースと説明可能なグラフAI技術により金融取引の解析性能を向上
2020年11月24日 10時00分
 
国立環境研究所・理研・富士通・メトロ・東大、スーパーコンピュータ「富岳」を利用した史上最大規模の気象計算を実現
2020年11月20日 10時00分
 
産総研・理研・富士通、機械学習処理ベンチマークMLPerf HPCにて最高レベルの速度を達成
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に通算21回目の選定
2020年11月19日 10時00分
 
富士通、スーパーコンピュータ「富岳」がTOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500にて2期連続世界第1位を獲得
2020年11月17日 09時00分
 
富士通、300万部品を0.2秒で処理する3次元CAD「iCAD SX V8L1」を販売開始
2020年11月16日 11時00分
 
富士通研究所、AIによる大量の自動映像監視を実現する映像特徴量の高圧縮技術を開発
2020年11月16日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>