2020年11月06日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、電子材料用高純度ガス事業強化のため中国四川省に合弁会社を設立

中国の需要拡大に対応

東京, 2020年11月06日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川宏平)は、電子材料用高純度ガス事業強化のため、中国の成都科美特特種気体有限公司と合弁で「成都科美特昭和電子材料有限公司」を四川省成都市に設立、来年1月、営業を開始いたします。新会社では主に半導体の製造工程で使われる高純度FC-14(テトラフルオロメタン、以下CF4)の最終製造工程を担います。

新会社が入居する成都科美特特種気体有限公司の外観


当社電子材料用ガスの主力製品の一つであるCF4は、量産使用からすでに40年以上が経過している、電子材料用ガスの中では最も基本・基礎的なエッチング用ガスです。取り扱いの容易さに加え、ますます進む微細化加工にも適しており、また半導体向けだけでなく有機EL製造工程などでの使用も拡大していることから、今後も堅調に需要が増加していくと見込まれています。

このたびの事業強化策により、当社のCF4事業は、稼働中の川崎事業所(神奈川県川崎市)に、新会社を加えた2拠点体制となります。当社グループは、東アジア地区におけるCF4の安定供給の強化を実現し、今後も戦略事業である半導体プロセス材料事業の一層の拡充を図ってまいります。

合弁会社の概要
社名: 成都科美特昭和電子材料有限公司(英語表記:Chengdu Kemeite Showa Electronic Materials Co., Ltd.)
本社住所: 中華人民共和国四川省成都市彭州市
設立日: 2020年10月30日
資本金: 400万人民元
出資比率: 昭和電工 40%、成都科美特特種気体 60%
事業内容: 高純度CF4の製造・販売

成都科美特特種気体有限公司の概要
社名: 成都科美特特種殊気体有限公司(英語表記:Chengdu Kemeite Special Gas Co., Ltd.)
本社住所: 中華人民共和国四川省成都市彭州市
事業内容: 工業用六フッ化硫黄(SF6)、高純度CF4 等の製造・販売
従業員数: 約200人

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2020/39108.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
CSR・コミュニケーション室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


昭和電工、酢酸・酢酸ビニルの国内販売価格を改定
2021年01月20日 11時30分
 
昭和電工、ハードディスク用アルミニウム基板の能力増強を決定
2021年01月12日 15時00分
 
昭和電工、2021年社長年頭挨拶(要旨)
2021年01月04日 13時00分
 
昭和電工、配当予想の修正に関するお知らせ
2020年12月25日 13時00分
 
昭和電工、環境省「地域連携・低炭素水素技術実証事業」において、使用済みプラスチック由来の水素エネルギーを活用してホテルでレタスを栽培 「初収穫祭」を開催しました
2020年12月24日 14時00分
 
昭和電工、“統合新会社の長期ビジョン(2021~2030)”を策定
2020年12月10日 13時40分
 
昭和電工、パワー半導体用SiCエピウェハーがデンソー製の燃料電池自動車向け次期型昇圧用パワーモジュールに採用
2020年12月10日 12時00分
 
昭和電工、電子材料用高純度ガス事業強化のため中国西安市に分公司を設立し営業活動を開始
2020年12月09日 11時30分
 
昭和電工、役員の異動に関するお知らせ
2020年11月30日 15時00分
 
川崎市・昭和電工・日本マクドナルドで「プラスチック資源循環」実証事業開始
2020年11月30日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>