2020年11月10日 12時00分

Source: Moonstake

Moonstakeコラボレーションウェビナー:「アジアの『プルーフオブステークの潮流』と『DeFiの現在地と行先』」を開催


SINGAPORE, 2020年11月10日 - (JCN Newswire) - Moonstake(ムーンステーク)は、韓国の主要なDeFiプロジェクトであるTZ Ventures、Takamak Network、Bifrostとの共同ウェビナー「アジアの『プルーフオブステークの潮流』と『DeFiの現在地と行先』」を、11月12日(木)日本/韓国時間21時から開催いたします(英語のみ)。



DeFiの市場は過去1年で大きく成長し、この1年間でDeFiでロックされた暗号通貨の総額は6.4億ドル(約640億円)から123億ドル(約1兆2300億円)まで拡大しました。(https://defipulse.com/)

登壇者は、8月にMoonstakeがパートナーシップを締結したTZ Venturesを始め、Tokamak Network(トカマックネットワーク)のCEO Kevin JeongとBifrost(ビフロスト)のCEO兼共同創設者 Dohyun Park(ドヒュン・パク)といった韓国の主要なDeFi(分散型金融)プレイヤーばかりとなっており、多方面で注目を集めるDeFiについて、専門家の意見を聞くことのできる貴重な機会となります。ぜひ、奮ってご参加ください。

【ウェビナーについて】

タイトル:「アジアの『プルーフオブステークの潮流』と『DeFiの現在地と行先』」

日付と時刻:11月12日 日本時間 午後9時(GMT+9)

スピーカー:
- Moonstake(ムーンステーク)アドバイザー 石田祥吾
- TZ Ventures (TZベンチャーズ) のディレクター Jaywon Lee(ジェイウォン・リー)
- TZ Ventures (TZベンチャーズ) のサイエンティフィックアドバイザー Diego Olivier Fernandez Pons(ディエゴ・オリビエフェルナンデスポンス)
- Tokamak Network(トカマックネットワーク)のCEO Kevin Jeong(ケビン・ジョン)
- Bifrost(ビフロスト)のCEO兼共同創設者 Dohyun Park(ドヒュン・パク)

このウェビナーの主要なテーマとトピックはこちらです。
- 東南アジアと韓国における現在のステーキングとDeFiのトレンド
- 2021年にDeFi業界に予想される重要な出来事
- コミュニティがDeFiの将来に期待するもの
- 優れたDeFiプロジェクトに重要な要素

最後にQ&Aのコーナーがございます。

ウェビナーはZoomで開催いたします。参加には事前登録が必要ですので、下記のリンクから登録してください。
Zoomリンク: https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_dqMBfbWgTaiBhiD9xvjluQ

Moonstake(ムーンステーク)について

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。Moonstakeは暗号資産保有者にとって活発的な環境を提供するアジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大しています。さらに、日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)と提携しています。世界的なプロジェクトのLISKやRAMP DefiのLawrence Limがアドバイザーとして就任しており、Moonstakeの革新的な未来に向かって進んでいくサポートをしています。 https://www.moonstake.io/

TZベンチャーズについて

TZ Venturesは、Tezosでブロックチェーンスタートアップの育成に取り組んでいます。彼らは、Tezosを基盤とし韓国でのエクイティファイナンスに挑戦するプロジェクトを支援しており、プロジェクトをインキュベートし、ブロックチェーンテクノロジーの実際のビジネスユースケースを構築することを目指しています。オフィススペース、テクニカルサポート、メンタリング、マーケティング、パートナーシップ、資金調達などでスタートアップを支援する定期的なプログラムを実行しています。 https://www.tz.ventures/

Takamak ネットワークについて

Tokamak ネットワークは、高レベルのスケーラビリティと拡張性をサポートしながら、イーサリアムメインチェーンと同じ分散型で安全なプロパティを保証するプラットフォームです。各Dappは、TokamakNetworkを介して特定の目的のために簡単に構築されます。 https://tokamak.network/

Bifrostについて

Bifrostは、ステーキングに流動性を提供するクロスチェーンネットワークです。Substrateをベースに開発され、Polkadotネットワーク上で構築されています。PolkadotエコシステムのDeFiプロジェクトとして、BifrostユーザーはいつでもBifrostプロトコルを介してPoSトークンをvTokenに交換し、ステーキング報酬と流動性を獲得できます。https://thebifrost.io/ https://bifi.finance/


セクター: FX

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Moonstakeのパートナー、SGX上場企業のOIOが、ブロックチェーン事業の子会社の新CEOにRudy Limを起用―DBS銀行の元FinTech部門責任者
2021年01月22日 12時00分
 
Moonstake、シンガポール証券取引所の上場企業OIO Holdingsによる子会社化に向けた交渉を開始
2021年01月21日 16時00分
 
Moonstake、DeFiへの参入を正式発表―急増するステーキング・アセットを背景にDeFiプロダクトの開発進む
2021年01月20日 18時00分
 
MoonstakeとRockXが戦略的パートナーシップを締結―Polkadot (DOT)エコシステムをサポート
2021年01月19日 12時00分
 
Moonstake、QURAS(XQC)のステーキングサービスを開始
2021年01月15日 10時00分
 
Moonstake、Polkadot(DOT)のステーキングサービスを開始!
2021年01月08日 17時00分
 
Moonstake、DeFiの日本市場への拡大を促進
2020年12月09日 09時00分
 
Moonstake、戦略的パートナーCentrality CEO Aaronと合同ウェビナー開催
2020年12月08日 15時00分
 
Moonstake合同ウェビナー:「ブロックチェーンの未来:Neo3のこれからについて」
2020年12月03日 11時00分
 
Moonstake共同ウェビナー:「人々がDeFiの未来に期待すること」
2020年11月26日 08時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>