2020年11月13日 14時00分

Source: Moonstake

Moonstake 共同ウェビナー:「イーサリアム2.0 プルーフオブステークの全て」を開催


シンガポール, 2020年11月13日 - (JCN Newswire) - Moonstake(ムーンステーク)は、イーサリアム2.0のブロックエクスプローラーであるBeaconScan(ビーコンスキャン)との共同ウェビナーを、11月17日シンガポール時間20時(日本時間21時)から開催いたします(英語のみ)。



BeaconScanは、Etherscan(イーサスキャン)を活用したイーサリアム2.0の専用ブロックエクスプローラーです。トランスアクションの追跡やウォッチリスト、ダッシュボード、マルチデバイスログインアクセスなど、Etherscanで用いられた機能が同様に提供されます。イーサリアム2.0の中で最初に独立した監視サービスです。

イーサリアム2.0は、イーサリアム・ブロックチェーンのアップグレードです。このアップグレードにより、イーサリアムネットワークの速度を向上させ、従来のスケーラビリティの問題を解決することを目的としています。また、これまでプルーフオブワーク(PoW)を採用していた従来のイーサリアムから、最終的にイーサリアム2.0はプルーフオブステーク(PoS)に移行します。

イーサリアム2.0は4つのフェーズ(段階)を経て完成予定ですが、その第1段階となる「フェーズ0」は年内にローンチ予定です。「フェーズ0」は、バリデータを管理しプルーフオブステークを実行するチェーンであるビーコンチェーンのローンチであり、ETHのステーキングによって実行されます。待望のイーサリアムのアップグレードにより、ブロックチェーン業界全体に与える影響は大きく、プルーフオブステークやステーキングへの注目も一層増しています。

今回の共同ウェビナーは、イーサリアム2.0を正しく理解する絶好の機会であるとともに、このアップグレードによって、ブロックチェーン業界の成長と発展を再認識するイベントとなります。奮ってご参加ください。

【共同ウェビナーの詳細】

タイトル: イーサリアム2.0 プルーフオブステークの全て

日付と時刻:11月17日、日本時間の午後9時(GMT + 9)

スピーカー:
- Moonstake アドバイザー Shogo Ishida
- BeaconScan コミュニティリーダーおよび教育部門担当 Harith Kamarul
- BeaconScanソフトウェアデベロッパー Caleb Lau

主要なテーマとトピック:
- イーサリアム2.0とは何か、イーサリアム1.0との違いは
- ETHのステーキング市場規模について
- プルーフオブステークについて/ステーキングの長所と短所(イーサリアム観点から)
- イーサリアムのプルーフオブステークの技術的側面について
- Moonstakeがイーサリアム2.0でステーキングユーザーをサポートする方法
- 質疑応答(15分)

ウェビナーはZoomで開催いたします。参加には事前登録が必要ですので、下記のリンクから登録してください。
Zoom リンク:
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_cS7qsrtjQnCXHqQ-KGEZfg

Moonstakeについて

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。Moonstakeは暗号資産保有者にとって活発的な環境を提供するアジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大しています。さらに、日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)、と提携しています。アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、プロジェクトの著名プレイヤーを迎えています。https://moonstake.io/ja/

BeaconScanについて

BeaconScanは、Etherscan(イーサスキャン)を活用したイーサリアム2.0の専用ブロックエクスプローラーです。トランスアクションの追跡やウォッチリスト、ダッシュボード、マルチデバイスログインアクセスなど、Etherscanで用いられた機能が同様に提供されます。イーサリアム2.0の中で最初に独立した監視サービスです。https://beaconscan.com/


セクター: 外国為替

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Moonstake共同ウェビナー:「人々がDeFiの未来に期待すること」
2020年11月26日 08時00分
 
特典の大幅な拡充 新しくなったMoonstake メンバーシップ・プログラム大型アップグレードのお知らせ【総額100万円分のメンバーシップキャンペーン開催中】
2020年11月18日 13時30分
 
Moonstakeコラボレーションウェビナー:「アジアの『プルーフオブステークの潮流』と『DeFiの現在地と行先』」を開催
2020年11月10日 12時00分
 
「Moonstakeウォレット乗り換えキャンペーン」開始のお知らせ、推薦で1,000円分のETHをプレゼント
2020年10月28日 11時00分
 
Moonstakeが1億円を調達―ステーキングからDeFiへの接続を加速
2020年10月14日 10時00分
 
Moonstakeのステーキング総額が53億円を突破―本格的なサービス開始から2ヶ月で達成
2020年10月06日 12時00分
 
Moonstake SingaporeのCEOにLawrence Linが就任―元Huobi Globalのグローバル事業責任者―
2020年10月01日 15時00分
 
Moonstake Mobile Wallet App Significantly Updated - Now Supporting ADA Staking
2020年09月25日 19時00分
 
Moonstakeモバイルウォレットで、ADAステーキングサービス開始
2020年09月25日 18時00分
 
Moonstake、Tezos Foundationが支援するTZ Venturesとパートナーシップ
2020年09月15日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>