2020年11月26日 13時00分

Source: 三菱電機株式会社

三菱電機、世界初 鉄道車両向け同期リラクタンスモーターとインバーター制御技術を開発

高効率モーターで鉄道車両のさらなる省エネルギー化に貢献

東京, 2020年11月26日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、鉄道車両向けに世界最大級の出力を実現した高効率同期リラクタンスモーター(以下SynRM※1)と、それを可変速制御するインバーター制御技術を世界で初めて※2開発しました。また、SynRMで世界最大級となる最大出力450kWの高出力・変速駆動の実証に成功しました。当社は今後、これらの開発成果を当社製品に適用することで、鉄道車両のさらなる省エネルギー化に貢献します。

開発の概要

1. 独自の電磁界解析技術などで、世界最大級出力かつ高効率の鉄道車両向けSynRMを開発
- 当社独自の電磁界解析技術を活用した、モーター内における回転子鉄心構造の最適化などにより、世界最大級となる最大出力450kW級(定格※3 200kW級)の鉄道車両用SynRMを開発。既存高効率誘導モーター※4 比※5で50%の損失削減に成功
- SynRMの高トルク・中高速域での高効率特性を生かし、鉄道車両として必要とされる広い速度範囲での高効率運転を実現

2. 鉄道車両用SynRMに最適なインバーター制御技術を開発し、可変速トルク制御を実現
- 今回開発したSynRMに最適なインバーター制御技術を開発し、SynRMの可変速トルク制御を実現。最大450kWまで安定した出力が得られることを実証
- SynRMが持つ高効率な特長を最大限に発揮するインバーター変調方式を開発し、省エネルギー化に貢献

今後の展開

東京地下鉄株式会社の車両に試験搭載し、2021年3月ごろから夜間走行試験にて性能評価を実施する予定です。また、SynRMを当社の製品ラインアップに加え、最新のインバーターシステムと併せて、お客様に最適なシステムを提案してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/1126.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: 三菱電機株式会社
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱電機、金属表面の微小変形から内部損傷を推定するAIを開発
2021年01月20日 16時00分
 
三菱電機と東工大、需要家の取引ニーズに応じてP2P電力取引を最適化するブロックチェーン技術を開発
2021年01月18日 15時00分
 
三菱電機、高解像度ライン磁気イメージセンサ「MICMO」が機械振興賞を受賞
2020年12月23日 14時00分
 
三菱電機、「HVIGBTモジュールXシリーズ dualタイプHV100」サンプル提供開始のお知らせ
2020年12月17日 11時00分
 
三菱電機、三菱エスカレーター「uシリーズ」を発売
2020年12月07日 13時00分
 
三菱電機、東京メトロ銀座線車両で「ヘルスエアー機能」搭載 循環ファンの試験搭載を開始
2020年11月26日 09時00分
 
三菱電機、ニューヨーク市都市交通局から無線式列車制御システムのサプライヤー資格を取得
2020年11月17日 13時00分
 
三菱電機、Z-Works社への出資のお知らせ
2020年11月04日 13時00分
 
三菱電機、令和2年度「第68回電気科学技術奨励賞」を受賞
2020年10月21日 14時00分
 
三菱電機、鉄道車両向け「故障予兆検知システム」を開発
2020年10月05日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>