2020年11月29日 17時00分

Source: Bitcoin Latinum

新たに発売されたBITCOIN LATINUMは、世界最大の保険付きデジタル資産になる

Palo Alto, CA, 2020年11月29日 - (JCN Newswire) - Bitcoin Latinumは、大量のトランザクション、デジタル資産管理、ネットワークセキュリティ、およびストレージ容量を実現できる次世代のビットコインフォークであり、正式なプレセールリリースを発表した。Bitcoin Latinumは、LTNMというシンボルで取引され、合計供給量が888,888,888LTNMである[LTNMで確認可能]。



BITCOIN LATINUMは https://bitcoinlatinum.com/ というプラットフォームで先行販売されており、2021年に取引所に正式に上場される。

世界をリードするプロの保険ブローカーおよびリスクコンサルタントの一つであるMarsh&McLennanが、Bitcoin Latinumの包括的な保険プランを手配するために任命された。Marshアジアによって手配された保険の適用範囲は、外部からの盗難や内部の共謀の場合にビットコインラテン系の保有者を保護し、保有する価値を最大限に発揮する。予想される保険の適用範囲により、Bitcoin Latinumは世界最大の保険付きデジタル資産になる。

BITCOIN LATINUMのトークンメカニズムは、ブロックチェーンテクノロジーエコロジーの一部に基づいて、メディア、ゲーム業界、ストレージサービス、クラウドサービス、通信会社で広く採用されている。BITCOIN LATINUMトークンは、パートナー/サプライヤーネットワークというようなすべてのリンクでの使用をサポートできる。さらに、BITCOIN LATINUMは、オンライントランザクションのセキュリティを強化し、メモリスキャンテクノロジを適用してマイニングノードの保護を強化した。また、BITCOIN LATINUMは、ビットコインチェーンのトランザクションコストをドルレベルからセントレベルに削減することを約束しており、lightning-basedのトランザクションはさらに低くなる。

ビットコインの市場価値は2,000億米ドルに近く、暗号通貨市場の約84%を占めている。1ビットコインの価格は18,000ドルに達し、強い強気市場を示した。この前、Gartner氏は、2025年までにブロックチェーンテクノロジーが1,760億ドル以上のビジネス価値を生み出し、2030年までに3.1兆ドルのビジネス価値を生み出すと指摘した。全世界の資産の数兆ドルがデジタル化されるかもしれない。

BITCOIN LATINUMは、強化されたビットコインフォークである。BITCOIN LATINUMアルゴリズムとインフラストラクチャは、障壁と速度の制限を打ち破り、一部の仮想通貨のリアルタイムで実用的な制限を解決した。BITCOIN LATINUMは、独立したデジタルトランザクションでの役割により、新しい暗号化されたDeFi(分散型ファイナンス)に突入した。NASDAQのデータによると、DeFi関連の暗号通貨市場の合計は最近140億米ドルを超え、2020年2月の10億米ドルよりも高い。

オスカーを受賞したスタジオであるCross Creek Mediaは、BITCOIN LATINUMを適用している。クロスクリークの世界的なボックスオフィスの収益は17億ドルを超えている。Cross Creek Mediaは、Sony Pictures EntertainmentおよびUniversal Picturesと長期的な関係を築いており、最近、Monsoon Blockchain&Marshを通じて映画、テレビ、IPのデジタル資産を拡大した。Cross Creekは、オスカーを受賞した「ブラックスワン」などの映画の共同プロデューサーであり、人気のある映画「American Made」、「Everest」、「Hacksaw Ridge」の制作に参加した。Cross Creek MediaのCEOであるTimmy Thompson氏は、「受賞歴のある作品の開発に伴い、BITCOIN LATINUMとその保険付きトークンとしての成功に非常に嬉しい。Cross Creekのメディアとゲームへの投資は新しいメディアテクノロジーとデジタル資産に焦点を当てる」と表明した。

Draper Dragon FundはBitcoin Latinumで重要な役割を果たしている。Draper Dragon Fundは、Telegram、Ledger、Vechain、Ultrain、Aelf、およびToken Insightというブロックチェーン企業に投資している。Dragon Digital FundのマネージングパートナーであるRichard Wang氏は、「Marsh、Monsoon、Bitcoin Latinumとのパートナーシップにより、デジタル資産ポートフォリオがさらに拡大する」と表明した。Draper Dragon Fundは、億万長者のTim Draperが所有するDraper Venture Networkの企業の1つである。Tim Draper氏が世界で最も成功したベンチャーキャピタリストの1人と見なされることもよくある。

Bitcoin Latinumは、香港に有名な銀行デジタル資産管理プラットフォームであるHex Trustを、新しいトークンのデジタル資産管理者として選べた。銀行や金融機関の建設を考慮して、Hex TrustはIBMハードウェアセキュリティモジュールを提供し、SWIFT支払いネットワークに接続する。最近、Hex Trustは、ミラノを拠点とするグローバルリーダーであるSIAと提携した。このリーダーは、年間140億ドル以上のデジタル決済と160億ドル以上の機関サービス取引をしていた。

過去2年間で、銀行および金融セクターでのブロックチェーンと暗号通貨の実装は着実に増加している。JPMorgan Chase(資産サイズ2.98兆米ドル)は最近、大規模なテクノロジーの顧客向けにデジタル通貨を発売した。PayPalにより、約3億5,000万人のユーザーがビットコインを含む主要な暗号通貨を売買できるようになる。多くのイタリア銀行は、ブロックチェーンネットワークSpuntaを採用している。報道によると、中国人民銀行は人民元のデジタル通貨をテストしている。

米国とアジアにおけるビットコインと暗号通貨の国境を越えた取引量は飛躍的に増加している。アジアに有名なブロックチェーン企業であるMonsoon Blockchainは、その広範なエコシステムとデジタル資産取引パイプラインにBitcoin Latinumを採用する。Monsoonは、ブロックチェーンテクノロジーの適用を優先する資産管理会社になることに重点を置いている。今年の初め、Monsoon Blockchainは、ブロックチェーンとデジタル資産の分野で、政府、電気通信、メディア、エンターテインメント、金融テクノロジー業界との重要なパートナーシップを確立した。

Bitcoin Latinumに関連するコンテンツは、情報共有のみを目的としている。この記事には、投資に関するアドバイスは含まれていない。

Media contact
Company: Bitcoin Latinum
Contact: Kai Okada, Director of Communications
Company E-mail: [email protected]
Website: https://bitcoinlatinum.com/

SOURCE: Bitcoin Latinum

Source: Bitcoin Latinum
セクター: FX, フィンテック

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>