2020年12月08日 11時00分

Source: Mazda

マツダ、「SKYACTIV-X」の燃焼技術が日本燃焼学会「技術賞」を受賞

広島, 2020年12月08日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、日本の燃焼研究で最も権威のある日本燃焼学会より、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の火花点火制御圧縮着火燃焼の開発において、2020(令和2)年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞しました。同賞は、燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績を残した個人またはグループに対して贈呈されます。

【受賞概要】

受賞対象:「火花点火制御圧縮着火を採用した新型エンジンSKYACTIV-Xの開発」

受賞者:
漆原 友則(うるしはら とものり)マツダ株式会社
西田 正美(にしだ まさみ)マツダ株式会社
河野 通治(かわの みちはる)マツダ株式会社
井上 淳(いのうえ あつし)マツダ株式会社
志々目 宏二(ししめ こうじ)マツダ株式会社
末岡 賢也(すえおか まさなり)マツダ株式会社
松本 浩太(まつもと こうた)マツダ株式会社
丸山 慶士(まるやま けいじ)マツダ株式会社

マツダの新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」は、ドライバーの意のままでシャープなレスポンスやトルクフルで爽快な加速感を、優れた燃費・環境性能で楽しめるパワートレインとして、「MAZDA3」「MAZDA CX-30」に搭載しています。

今回の受賞では、乗用車用量産ガソリンエンジンとして世界で初めて*1高圧縮比化と希薄/希釈燃焼による火花点火制御圧縮着火燃焼(SPCCI*2)方式のエンジンを開発し、エンジンの熱効率改善を通じてCO2排出低減に貢献していることが高く評価されました。高効率を実現する圧縮着火燃焼を用いた自動車用ガソリンエンジンは、これまでも盛んに研究が行われてきましたが、高圧縮比化技術の必要性や燃焼タイミング制御の難しさから実用化が困難でした。マツダは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」で培った高圧縮比化技術と、スパークプラグを燃やすためではなく、燃焼室内の圧力変化に活用する新たな発想での燃焼制御を開発することで、圧縮着火ガソリンエンジンの実用化に初めて成功しました。

マツダは、今後もクルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202012/201208a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

Source: Mazda
セクター: 自動車

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


マツダ、組織改革と人事異動を発表
2021年03月05日 14時00分
 
マツダ、人事異動を発表
2021年03月01日 14時00分
 
マツダ、商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス開始
2021年02月19日 15時00分
 
マツダ、「フレアクロスオーバー」に特別仕様車を追加
2021年02月12日 15時00分
 
マツダ、初の量産電気自動車「MAZDA MX-30 EV MODEL」を発売
2021年01月28日 12時00分
 
マツダ、第55回機械振興賞「機械振興協会会長賞」の受賞について
2020年12月23日 11時00分
 
マツダ、2020年度 省エネ大賞「経済産業大臣賞」と「省エネルギーセンター会長賞」を受賞
2020年12月21日 16時00分
 
マツダ、「MAZDA CX-30」を商品改良
2020年12月17日 12時00分
 
マツダ、「RX-7」のサービスパーツの再供給を開始
2020年12月17日 12時00分
 
マツダ、「マツダ ロードスター」を商品改良
2020年12月10日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>