2020年12月17日 12時00分

Source: Mazda

マツダ、「MAZDA CX-30」を商品改良
エンジン特性と安全性を改良し、クルマとの一体感を向上。2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーTOP3選出記念モデルも設定

広島, 2020年12月17日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、昨年10月に発売した新世代商品第2弾「MAZDA CX-30」を商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて、一部のモデルを本日発売*1します。

CX-30は「今の私たちにジャストサイズのSUV」をコンセプトに、上質なスタイリングと室内空間、気軽に出かけられる機動性、安心して運転を楽しめる走行性能を備え、走ることで元気になれる、マツダが目指す「走る歓び」を感じられるクルマとして、多くのお客さまからご支持をいただいています。

今回の商品改良では、走行性能の向上と安全性の向上による、「走る歓び」の進化を図りました。

走行性能の向上については、新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X(イー・スカイアクティブ エックス)」*2およびクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」搭載車のエンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートしエンジン出力を高めました。また、アクセル操作に対する応答性とコントロール性をより高め、ドライバーの意思とシンクロする走りを際立たせました。安全性の向上についてはクルージング&トラフィック・サポート(CTS)の作動上限速度を高速域まで拡大し、制御を最適化することで、高速道路での疲労や運転ストレスのさらなる低減を図り、安全安心感を高めました。

これらの改良により、街中から郊外、高速道路まで、様々な走行シーンでより意図した通りにクルマが応答することで、クルマとの一体感を感じていただけます。

また、2020年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」 *3のTOP3選出を記念したモデル*4を、100周年特別記念車に設定しました。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202012/201217a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

Source: Mazda
セクター: 自動車

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


マツダ、「MAZDA3」が「カナダ・カー・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞
2021年04月14日 16時00分
 
マツダ、組織改革と人事異動を発表
2021年03月05日 14時00分
 
マツダ、人事異動を発表
2021年03月01日 14時00分
 
マツダ、商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス開始
2021年02月19日 15時00分
 
マツダ、「フレアクロスオーバー」に特別仕様車を追加
2021年02月12日 15時00分
 
マツダ、初の量産電気自動車「MAZDA MX-30 EV MODEL」を発売
2021年01月28日 12時00分
 
マツダ、第55回機械振興賞「機械振興協会会長賞」の受賞について
2020年12月23日 11時00分
 
マツダ、2020年度 省エネ大賞「経済産業大臣賞」と「省エネルギーセンター会長賞」を受賞
2020年12月21日 16時00分
 
マツダ、「RX-7」のサービスパーツの再供給を開始
2020年12月17日 12時00分
 
マツダ、「マツダ ロードスター」を商品改良
2020年12月10日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>