2020年12月18日 15時00分

Source: Hitachi

日立インダストリアルプロダクツ、大規模データセンター向け大容量2,000kVA UPSを販売開始

セントラル方式大容量UPSでは据付面積業界最小クラス

東京, 2020年12月18日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立インダストリアルプロダクツ(取締役社長:小林 圭三/以下、日立イプ)は、デジタル社会を支えるインフラとして重要な役割を果たす大規模データセンター向けに、大容量UPS*1「UNIPARA-UP2001i」シリーズを2020年12月から販売開始します。

日立イプは、お客さまのニーズに応じてさまざまな容量のUPSを取りそろえており、大容量モデルとして、システム冗長構成への対応が可能な高信頼性設計の「UNIPARA」シリーズを展開してきました。近年はAIやIoTなどデジタル技術の進展や、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うリモートワーク・eコマースの利用増加など、ニューノーマル時代の対応に向け、さらなるデータ利活用が求められています。今回、大規模データセンターや製造設備、公共施設など幅広い分野向けに、大容量ユニットを一括制御するセントラル方式で1,000-2,000kVAの大容量・省スペースを実現した新シリーズ「UNIPARA-UP2001i」を追加します。本製品の特長は以下の通りです。

主な特長

1. 大容量・省スペース
コンパクトな500kVA三相一括IGBT*2ユニットの採用で、500kVAUPSモジュールを幅1,000mm、1面で構成し、これを並列接続することで単機2,000kVAUPSにおいて、保守バイパス回路を含めて業界最小クラスの幅5,900mmを実現しました。また、前面保守構造とすることで、裏面保守スペースを不要とし据付面積の大幅削減を可能としました。さらに、従来の単機500kVAUPS×4台並列システムに比べ据付面積を約60%*3に低減しました。これにより、データセンターでのサーバースペースの有効活用を図ることができます。

2. グローバル標準電源仕様 三相4線に対応
グローバルで標準採用されている三相4線方式配線に対応したトランスレス三相4線方式を採用しました。今後ますます拡大が期待されるデータセンターのグローバル化に対応します。また、負荷力率1.0にも対応するとともに、従来の三相3線方式にも対応可能です。

3. 省エネルギー
3レベルインバータ方式の適用と大容量IGBTの採用で最大効率97%*4を達成しました。本モデルは、負荷率25%以上で効率95%以上を維持しており、幅広い負荷率での省エネが可能となります。

4. 配線工事の簡素化
2,000kVAUPSの入出力は3,000Aクラスのバスダクト配線が必要となります。本UPSは保守バイパスを含めたUPSシステムを1列盤構成とすることで、外部入出力配線を除くシステム内の大電流母線を盤内配線とし、配線工事の簡素化を図りました。これにより、バスダクト配線を簡素化し工事費の低減も可能としました。

5. 安心の見守りサービス
ネットワークを通じてUPSのデータを収集し稼働管理をサポートします。日立の遠隔監視・支援センタによる24時間の遠隔監視サービスだけでなく、専用のポータルサイトから、お客さま自身が稼働状態の確認やお問い合わせを行うことも可能です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/12/1218a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、IoT機器の脅威・脆弱性情報を収集・分析する「脅威インテリジェンス提供サービス」をAIで強化し販売開始
2021年03月04日 12時00分
 
日立、ブロックチェーン技術により情報の真正性を高め、ハンコレスを推進する「日立電子署名サービス」を開発、日立社内で先行運用開始
2021年03月03日 11時00分
 
日立、災害状況をAIで把握する映像解析の基礎技術を開発
2021年02月19日 10時00分
 
三菱UFJモルガン・スタンレー証券、営業活動のDXを加速する「アドバイザリーポータルシステム」を導入
2021年02月08日 15時00分
 
日立がイタリアの都市フィレンツェにて初の蓄電池駆動トラムの試験運行に成功
2021年02月02日 13時00分
 
日立制御エッジコンピューター「CEシリーズ 組み込みAIモデル」を販売開始
2021年02月01日 10時00分
 
日立、世界の代表的なESG投資インデックス「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定
2021年01月27日 09時00分
 
日立、脱炭素社会の実現に向けて設備やサービスごとの再生可能エネルギーの使用状況を見える化するシステムを開発
2021年01月22日 11時00分
 
日立、マルチクラウド環境で、人のスキルに依存しないシステム監視と一元的な業務運用管理を容易にする「JP1」の最新版を販売開始
2021年01月21日 10時00分
 
日立、基幹システムのクラウド移行に向けた戦略策定、システム再構築・移行を効率化する新たなサービスを販売開始
2021年01月19日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>