2020年12月25日 13時00分

Source: Hitachi

日立キャピタル・日立アジア・サンテックがタイにおける太陽光発電事業促進に向けた協業を開始

在タイ企業の再生可能エネルギー導入に貢献

東京, 2020年12月25日 - (JCN Newswire) - 日立キャピタル株式会社(執行役社長兼CEO:川部 誠治)のグループ会社であるHitachi Capital (Thailand) Co., Ltd.(取締役社長:有泉 知樹/以下、日立キャピタル(タイランド)社)、タイ王国(以下、タイ)における株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭)の現地法人であるHitachi Asia (Thailand) Co., Ltd.(取締役社長:菅田 善博/以下、日立アジア(タイランド)社)、およびSANTEC POWER SOLUTIONS CO., LTD.(取締役社長:井本 眞道/以下、サンテック社)は、本日、太陽光発電分野における協業の推進に関する覚書(Memorandum of Understanding/以下、MOU)を締結しました。

3社は、今回のMOUに基づき、タイにおける日立グループを対象に、自家消費型太陽光発電設備の導入を推進します。その第一弾として、Hitachi Automotive Systems Asia, Ltd.のゲートウェイ工場(タイ・チャチューンサオ県)の屋根に太陽光発電設備を設置、2021年3月末の発電開始を予定しており、中長期的には、タイの日系企業や現地企業への導入をめざします。

近年、世界的に深刻化する気候変動問題を踏まえ、脱炭素社会の実現に向けた、温室効果ガス排出量の実質ゼロをめざす動きが広まっています。タイにおいては、長期電源開発計画にて、2037年における再生可能エネルギーの導入目標値を全電源の33%と設定しています。一方、企業においても、自社で発電した太陽光などの再生可能エネルギーを自家消費することで、事業活動における二酸化炭素(CO2)排出量削減へのニーズが高まっています。

日立キャピタル(タイランド)社、日立アジア(タイランド)社、サンテック社の3社は、このたびの協業を契機に、今後、タイにおける日立グループを対象に、自家消費型太陽光発電設備の導入を推進します。お客さまは、発電量に応じた電気料金を負担、初期投資なしに、再生可能エネルギーの導入が可能です。3社は、2023年までに発電容量10MWの実現をめざします。

日立キャピタル(タイランド)社は、発電事業者として、お客さまと自家消費型太陽光電力供給契約(Power Purchase Agreement/以下、 PPA)を締結、工場や事業所の屋根に、太陽光パネルを含む太陽光発電設備を設置し、発電した全電力をお客さまに売電します。

日立アジア(タイランド)社は、本事業のプロジェクトリーダーとしてプロジェクトマネジメントを担うとともに、太陽光発電用インバータやエネルギーマネジメントシステムの供給を通じて、グリーンエネルギーによるスマートで持続可能な社会の実現をめざします。

サンテック社は、工事・メンテナンスのコントラクタとして、設計・調達・施工・メンテナンスまでの一貫したサービスを提供します。サンテック社は、国内外の太陽光発電事業・産業用プラントの建設・保守に実績のある三興グループの企業です。そのグローバルにおける実績、知見を生かし、高品質で円滑な工事・メンテナンスを提供します。

日立キャピタルグループは、国内において、太陽光発電所や風力発電所を運営するとともに、脱炭素化を進める企業とPPAを締結し、自家消費型太陽光発電の導入を推進してきました。今回の協業により、日立キャピタルグループは、海外における自家消費型太陽光発電事業に参入、これを契機に、グローバルでの事業展開を加速することで、脱炭素社会の実現に貢献します。

日立アジア(タイランド)社は、タイにおける日立グループの事業の発展と拡大に努めています。そのひとつとして、太陽光発電事業を通じて、社会イノベーション事業を拡大していきます。

サンテック社は、タイにおける太陽光発電事業の推進に向けて、2018年より活動を続けています。今後、ますます再生エネルギー事業が発展するとされるタイにおいて、本事業を通じて、社会に貢献します。

日立キャピタル(タイランド)社、日立アジア(タイランド)社、サンテック社の3社は、自家消費型太陽光発電の導入を通じて、お客さまの課題解決に貢献するとともに、タイ全土にて本事業の拡大を図ることで、タイにおける脱炭素社会の実現に貢献します。

日立キャピタル株式会社について
日立キャピタルグループは、「社会価値創造企業」を経営方針に、グローバルにおけるSDGsを基点とした社会課題の解決、ならびに企業としての持続的な成長を図ります。「2019~2021年度中期経営計画」では、「環境・エネルギー」「モビリティ」「ライフ」「販売金融」を重点事業に設定、これらの分野において、金融のみならず、サービスや事業化、ならびにそれらを組み合わせた新しい価値を提供することで、社会課題の解決に貢献します。

Hitachi Asia (Thailand) Co., Ltd.について
日立アジア(タイランド)社は1992年の設立以来、タイをはじめとし、ラオス、カンボジアのお客様に最適なソリューションを提供してまいりました。スマートシティ、スマートマニュファクチュアリング、スマートパブリックサービスを注力事業として、地域社会への貢献をめざしています。

日立製作所について
日立は、IT(Information Technology)、OT(Operational Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力しています。2019年度の連結売上収益は8兆7,672億円、2020年3月末時点の連結従業員数は約301,000人でした。日立は、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野でLumadaを活用したデジタルソリューションを提供することにより、お客さまの社会価値、環境価値、経済価値の3つの価値向上に貢献します。

SANTEC POWER SOLUTIONS CO., LTD.について
サンテック社は、株式会社三興のグループ会社である三興コントロール株式会社、タイ現地法人SANKO INDUSTRIAL SOLUTIONS CO., LTD.、株式会社日立パワーソリューションズの合弁会社です。三興グループ・日立パワーソリューションズからの技術支援のもと、タイにおいて電気・計装・制御設備の保守サービス、太陽光発電設備設置工事等のサービスを提供してきました。今後も品質と環境と安全の調和をめざし、活動に取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/12/1225.html

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、IoT機器の脅威・脆弱性情報を収集・分析する「脅威インテリジェンス提供サービス」をAIで強化し販売開始
2021年03月04日 12時00分
 
日立、ブロックチェーン技術により情報の真正性を高め、ハンコレスを推進する「日立電子署名サービス」を開発、日立社内で先行運用開始
2021年03月03日 11時00分
 
日立、災害状況をAIで把握する映像解析の基礎技術を開発
2021年02月19日 10時00分
 
三菱UFJモルガン・スタンレー証券、営業活動のDXを加速する「アドバイザリーポータルシステム」を導入
2021年02月08日 15時00分
 
日立がイタリアの都市フィレンツェにて初の蓄電池駆動トラムの試験運行に成功
2021年02月02日 13時00分
 
日立制御エッジコンピューター「CEシリーズ 組み込みAIモデル」を販売開始
2021年02月01日 10時00分
 
日立、世界の代表的なESG投資インデックス「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定
2021年01月27日 09時00分
 
日立、脱炭素社会の実現に向けて設備やサービスごとの再生可能エネルギーの使用状況を見える化するシステムを開発
2021年01月22日 11時00分
 
日立、マルチクラウド環境で、人のスキルに依存しないシステム監視と一元的な業務運用管理を容易にする「JP1」の最新版を販売開始
2021年01月21日 10時00分
 
日立、基幹システムのクラウド移行に向けた戦略策定、システム再構築・移行を効率化する新たなサービスを販売開始
2021年01月19日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>