2021年01月04日 11時00分

Source: Hitachi

日立、静岡銀行の次世代オープン勘定系システムが稼働開始

Fintech連携などデジタル化への対応を加速する新しい勘定系システムとして刷新

東京, 2021年01月04日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、株式会社静岡銀行(取締役頭取:柴田 久/以下、静岡銀行)と共同開発する、静岡銀行の次世代オープン勘定系システム(以下、本システム)について、1月4日から稼働を開始したことをお知らせします。

日立は、本システムを製品化し、次世代オープン勘定系パッケージとして他の金融機関への導入を進め、制度対応などエンハンス機能もパッケージに継続的に取り込んでいきます。今後、静岡銀行とさらなるパートナーシップの強化を図り、本パッケージのデファクトスタンダード化をめざします。

本システムは、メインフレームの信頼性・堅牢性を備えながらオープン基盤上で稼働する勘定系システムで、日立と静岡銀行が共同で開発を進めてきたものです。オープンテクノロジーを全面採用することで、Fintechをはじめとした新しい金融サービスやデータ利活用サービスと柔軟かつ迅速な連携が可能となり、静岡銀行のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を支援します。

システム構造の全面刷新により、システム構築や運用コストを最適化するほか、環境変化へ柔軟に対応するための新商品開発や機能追加を可能とし、将来にわたって多様な金融サービスの提供や戦略的な経営方針の策定・遂行を支援します。

なお、本システムは、金融庁が金融機関の基幹系システムに関する先進的な取り組みを支援する「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」*1において、第1号案件として支援が決定しています。

今後も、日立は、地域金融機関のデジタルシフトの実現に向け、「2025年の崖」*2として指摘されるレガシーシステムのさまざまな課題に対し、高い信頼性が求められる勘定系システムを担うIT人財の育成強化や金融機関との人財交流といったさまざまな面から支援を継続し、地域活性化や持続可能な地域社会の実現をめざす地域金融機関のビジネス変革に貢献します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2021/01/0104a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、IoT機器の脅威・脆弱性情報を収集・分析する「脅威インテリジェンス提供サービス」をAIで強化し販売開始
2021年03月04日 12時00分
 
日立、ブロックチェーン技術により情報の真正性を高め、ハンコレスを推進する「日立電子署名サービス」を開発、日立社内で先行運用開始
2021年03月03日 11時00分
 
日立、災害状況をAIで把握する映像解析の基礎技術を開発
2021年02月19日 10時00分
 
三菱UFJモルガン・スタンレー証券、営業活動のDXを加速する「アドバイザリーポータルシステム」を導入
2021年02月08日 15時00分
 
日立がイタリアの都市フィレンツェにて初の蓄電池駆動トラムの試験運行に成功
2021年02月02日 13時00分
 
日立制御エッジコンピューター「CEシリーズ 組み込みAIモデル」を販売開始
2021年02月01日 10時00分
 
日立、世界の代表的なESG投資インデックス「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定
2021年01月27日 09時00分
 
日立、脱炭素社会の実現に向けて設備やサービスごとの再生可能エネルギーの使用状況を見える化するシステムを開発
2021年01月22日 11時00分
 
日立、マルチクラウド環境で、人のスキルに依存しないシステム監視と一元的な業務運用管理を容易にする「JP1」の最新版を販売開始
2021年01月21日 10時00分
 
日立、基幹システムのクラウド移行に向けた戦略策定、システム再構築・移行を効率化する新たなサービスを販売開始
2021年01月19日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>