2021年01月12日 16時00分

Whiteside Capital Group、次世代型技術ソリューションでオークション業界に革命を起こす

オークション業界では、公平かつ有益なサービスを提供する方法が妨げられており、混乱が予想される空間でもあります。さらに新型コロナウイルスの影響で利便性も低下し、オークションプラットフォームは、資金の維持や顧客の獲得、そしてオークションでの商品購入における信頼性向上のための手段を急ぎ見つけようとしています。

Whiteside Capital Group(WSC)は既存のオークション業界の破壊を目標とし、自身の技術ソリューションで変革をもたらそうとしています。

WSCの何が特別か?

「何年にも渡ってコラテラル・ファイナンスやオルタナティブ・ファイナンスに取り組んだ結果、ニッチかつ急成長を続けるマーケットで素早く動くためのノウハウが蓄積され、そのためのテクノロジーも開発することができました。」と、Whiteside Capital Group CEOのレイモンド・コーニッシュ氏は話します。

変革という言葉があちこちで聞かれるようになり、多くのプラットフォームが変革に失敗した今、なぜWSCがそのような難しい仕事に取り組むのか疑問に感じる方もいるでしょう。しかし、彼らは新たなチャレンジに取り組もうとしています。

「Whiteside Capitalはオークション業界の地図を塗り替え、プラットフォームの再構築に投資することで高額チェックの購入を可能にしようと考えています。そして、いずれは上場、または業界大手企業による買収を健闘しています。」と、コーニッシュ氏は続けます。

従来のオークションプラットフォームとWSCの違いには以下のよう点があります。

バイヤーズ・プレミアム

従来のオークションにおけるバイヤーズ・プレミアムとは、落札価格に加算される追加料金を指します。これはオークション運営費にあてられます。バイヤーズ・プレミアムは落札価格の20-30%にもなり、必ず支払わなければなりません。

一方WSCのオークションでは、バイヤーズ・プレミアムは通常よりも低く設定されています。テクノロジーの活用によりライブ会場や不要な経費が発生しないため、これが可能になりました。その結果、バイヤーズ・プレミアムは落札価格の10-15%におさまっています。

売り手の手数料

従来のオークションにおける売り手の手数料とは、落札価格の数パーセントの手数料を指し、商品の写真や保険、商品の搬送、出品前の保管、クリーニング、修理作業などの追加費用のことです。この手数料は落札価格の3-15%です。

WSCのオークションでは、エージェントと協力して過小評価されている商品や長く探し続けられている商品を見つけようとしています。それらの料金は低いため、多くの顧客を惹きつけることができます。WSCの手数料は0-3%です。

WSC:世界初、デジタル資産を中心とした安全なオークションプラットフォーム

「ユニコーンモデルとはわかりやすいものです。成功するためには、他者が抱える問題の根幹を解決する必要があります。Whiteside Capitalは単に高額資産を販売するソリューションを提供したいわけではありません。」と、WSCのCMOのピーター・クラウス氏は話します。

WSCのオークションプラットフォームは、買い手が求める自由さを確保することに重点を置いており、デジタル資産とブロックチェーン技術が活用されています。ブロックチェーン技術の堅牢な技術により、取り引きには透明性があり、資金も保護されています。

「WSCはまた世界中の人々がさまざまな形のオルタナティブ・ファイナンスを知ってほしいと考えています。」と、クラウス氏は続けます。「私たちのビジネスをブロックチェーン技術を連携させることで、需要の高い商品の管理工程に変革が起き、デジタル通貨を持つ人なら誰でもオークションに参加し、未来のリテールの形を体験することができます。」

Whiteside Capital Groupについて

Whiteside Capital Group(WSC)は、多角的に事業展開しているテクノロジー企業で、独自のテクノロジーとグローバルシェアリングエコノミーを用いたリテール顧客への貢献を目的に設立されました。2016年にベリーズで法人化され、割安な資産の取得やオークション後の利益をシェアする機会をクライアントに提供しています。また、コラボレィティブ・オークション・プログラム(CAP)を通じて世界初の共同オークションのコンセプトを紹介することを目指しています。

メディア関連のお問合せ先
https://wsc-group.com/
ゼイン・ジェラーニ
[email protected]




Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>