2021年01月18日 15時00分

Source: 三菱電機株式会社

三菱電機と東工大、需要家の取引ニーズに応じてP2P電力取引を最適化するブロックチェーン技術を開発

柔軟な取引環境を実現し、余剰電力の有効活用に貢献

東京, 2021年01月18日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と国立大学法人東京工業大学(以下、東京工業大学)は、P2P(※1)電力取引を最適化する独自のブロックチェーン(※2)技術を開発しました。余剰電力の融通量を最大化する取引など、需要家の取引ニーズに柔軟に対応可能な取引環境を提供し、余剰電力の有効活用に貢献します。

開発の特長

最適な組み合わせを探索するブロックチェーン技術により、柔軟な電力取引を実現
- 売り注文と買い注文の最適な組み合わせを探索する、計算量の少ないブロックチェーン技術の開発により、需要家の取引端末などの小型計算機でもP2P電力取引が可能
-(1)余剰電力を最大限に活用したい時は需要家(電力の売り手)の余剰電力の融通量を最大化、(2)需要家の利益を優先させたい時は需要家全体の利益を最大化するなどの売買注文の最適な組み合わせを探索することで、さまざまな取引ニーズに柔軟に対応できるP2P電力取引を実現

今後の展開

2021年4月から、開発したブロックチェーン技術を用いたP2P電力取引システムの性能評価と探索処理の改良を行い、早期実用化を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2021/0118.pdf

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: 三菱電機株式会社
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱電機、ビル用マルチエアコン新製品発売のお知らせ
2021年02月16日 11時00分
 
三菱電機、店舗・事務所用パッケージエアコン新製品発売、新サービス提供のお知らせ
2021年02月16日 11時00分
 
三菱電機、「マレーシアFAセンター」開設のお知らせ
2021年02月15日 13時00分
 
三菱電機、CDPサプライヤーエンゲージメント評価で最高評価の「リーダー・ボード」に選定
2021年02月15日 13時00分
 
三菱電機、「レーダーによる津波の浸水深予測AI」を開発
2021年02月04日 12時00分
 
三菱電機、「AI配筋検査システム」サービス提供開始のお知らせ
2021年02月03日 11時00分
 
三菱電機、金属表面の微小変形から内部損傷を推定するAIを開発
2021年01月20日 16時00分
 
三菱電機、高解像度ライン磁気イメージセンサ「MICMO」が機械振興賞を受賞
2020年12月23日 14時00分
 
三菱電機、「HVIGBTモジュールXシリーズ dualタイプHV100」サンプル提供開始のお知らせ
2020年12月17日 11時00分
 
三菱電機、三菱エスカレーター「uシリーズ」を発売
2020年12月07日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>