2021年01月19日 11時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱ガス化学・三菱商事・三菱重工エンジニアリング、トリニダード・トバゴ共和国でメタノール/ジメチルエーテルプラントの商業運転を開始


東京, 2021年01月19日 - (JCN Newswire) - 三菱ガス化学株式会社(以下、三菱ガス化学)、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)および三菱重工エンジニアリング株式会社(以下、三菱重工エンジニアリング)が、トリニダード・トバゴ共和国において、同国国営ガス会社であるNational Gas Company of Trinidad and Tobago Limited(以下、NGC)および同国企業のMassy Holdings Ltd.社(以下、Massy)と共同出資しているCaribbean Gas Chemical Limited(以下、CGCL)でメタノール/ジメチルエーテルプラントの商業運転を開始しました。

CGCLは、2013年3月に設立され、トリニダード・トバゴ共和国の天然ガスを主原料として、メタノール生産量100万トン/年、ジメチルエーテル生産量2万トン/年の生産能力を有するプラントの建設を進めてきたもので、2020年12月18日から商業運転の運びとなりました。

メタノールは多くの川下製品を持つ基礎化学品の一つで、接着剤、農薬、塗料、合成樹脂、合成繊維の原料等幅広い用途に使用されており、最近では重油に代わる船舶燃料等、環境に優しいエネルギーとしての用途への注目も高まっています。さらにメタノールは二酸化炭素からも製造が可能であり、有望な水素キャリアでもあることから将来の低炭素社会、持続可能な社会発展に貢献することが期待されています。また、ジメチルエーテルは、スプレー噴射剤など日用品用途に加えて、LPG代替、自動車および発電向けディーゼル燃料代替として注目されている次世代クリーンエネルギーです。

現在のメタノール世界需要は年間約8,100万トンですが、今後もGDPの伸びに沿って需要は堅調に成長していくことが見込まれています。三菱ガス化学、三菱商事、三菱重工エンジニアリングは本事業を通じて、世界的に伸長するメタノール需要を満たすと共に、同国並びに周辺カリブ海諸国の経済成長に貢献することを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/210119.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工エンジニアリング、ノルウェーの世界最大級CO2回収実験施設で実証試験
2021年03月04日 11時00分
 
三菱重工、グループ表彰制度「Best Innovation2020」で、地球環境負荷低減に貢献する活動を表彰
2021年03月01日 14時30分
 
伊ターボデン社、エジプト天然ガスパイプラインのGCS向けに排熱利用のバイナリー発電設備を初受注
2021年02月16日 13時40分
 
三菱重工、メタン熱分解で先進技術を持つ米国C-ZERO社に出資
2021年02月10日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、独自の空間浄化技術による新型コロナウイルス除去・不活性化を実証
2021年02月10日 14時30分
 
三菱重工、磁気誘導式の防爆無人搬送車(AGV)を開発、初号機を納入
2021年02月09日 11時00分
 
三菱重工業、役員人事の件
2021年02月04日 16時00分
 
三菱パワー、ボイラー事業の国内拠点を再編
2021年02月04日 13時00分
 
三菱重工:フィリピン/パラヤン地熱発電所における29MWバイナリー発電プロジェクトを受注
2021年02月03日 11時00分
 
三菱重工業とデンマーク・ヴェスタス社、風力発電設備販売の新会社が営業を開始
2021年02月01日 17時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>