2021年01月22日 16時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工業・バッテンフォール・シェル・ハンブルク熱供給公社の4社が独ハンブルクの水素プロジェクト推進で基本合意


東京, 2021年01月22日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業、スウェーデンの総合エネルギー会社であるバッテンフォール社(Vattenfall)、オランダのグローバル石油会社であるシェル社(Royal Dutch Shell plc)、およびハンブルク熱供給公社の4社で構成するコンソーシアムは、ドイツのハンブルク(Hamburg)港近傍にあるモーアブルク(Moorburg、ハンブルク州)で閉鎖予定の石炭火力発電所跡地を活用し、再生可能エネルギー由来の電気を利用して水電解装置で水素を製造する、いわゆるグリーン水素を製造・供給・利用する事業の実現可能性を共同で検討することについて合意しました。100MW規模の水電解プラントを建設することに加え、将来の拡張も視野に入れて同拠点をCO2排出などの環境負荷が少ないクリーンエネルギーの中心地(グリーンエネルギーハブ)として発展させていくことを狙いとしています。

今回のコンソーシアムを組むにあたり、パートナー4社はドイツ政府のほかハンブルク州政府などからの支援を受けることを期待。エネルギーの需要と供給全体を最適化する「セクターカップリング」(注)についても検討することで合意しています。また、洋上風力などの再生可能エネルギー電源をベースに、将来的にどの程度のクリーンエネルギーを生産・供給できるかについても検討する予定であり、これに関連し、必要な水素の供給網整備や貯蔵能力などについてもさらなる検討が実施されます。現時点では、水素製造プラントの完成および運転開始は、2025年頃を見込んでいます。

パートナー4社は、欧州の公的な枠組である「欧州共通利益に適合する重要プロジェクト(IPCEI:Important Projects of Common European Interest)」に基づく公的補助の申請を2021年上半期に行う予定です。モーアブルクの同拠点は、380kVと110kVの送電網に接続されていること、さらにその周辺港湾では海外の船舶が停泊することから、船舶向けの水素・アンモニア燃料供給の需要が見込めるなど、ハンブルク、そしてドイツ北部は、このような条件をふまえ水素製造に理想的な立地です。

現地のガス供給公社であるGasnetz Hamburgは、10年以内に港湾内に水素ネットワークを構築する計画で、すでに必要な流通インフラの整備に着手しています。また、モーアブルクにはグリーン水素の潜在的需要者が多く存在することから、モーアブルクの拠点近郊は、生産・貯蔵・輸送等に至る包括的な水素バリューチェーン構築についても適地と言えます。

モーアブルクには長年にわたりハンブルク電力会社(Hamburg Electricitäts-Werke)のガス火力発電所が稼働しており、2015年からはバッテンフォール社により石炭火力発電所が稼働していましたが、ドイツの全国的な石炭火力発電所の廃止に向けた流れの中、2020年12月に同石炭火力発電所は商業運転を停止しています。ハンブルク州とバッテンフォール社は、グリーン水素製造、そしてグリーンエネルギーハブの開発拠点として、当該用地の一部を適時整備していく予定です。

パートナー4社は、今回の共同事業において、各社固有の専門性を活かし、事業構築に貢献します。このうち三菱重工は、欧州における各種産業用・発電プラント供給実績と水電解式水素製造技術に関する知見を利用して、水素製造に関する技術・エンジニアリング分野を担います。また、需給をより最適化するため、デジタル技術を活用したメンテナンス・サービスの提供を検討します。さらに、産業顧客の水素活用プロセス最適化や地域暖房インフラへの水素製造設備のインテグレーション等も担当します。

【パートナー各社による本協定に対するコメントは以下の通り】

ハンブルク熱供給公社(Wärme Hamburg GmbH)およびガス供給公社(Gasnetz Hamburg GmbH)の監査役会会長、
ハンブルク州エネルギー・環境大臣のJens Kerstan氏:
「この協定は、エネルギー転換を行うハンブルク州にとって重要な一歩です。モーアブルクの用地では、クリーンで環境に優しいエネルギーセンターを構築すると同時に、業界における経験豊富なパートナーとグリーン水素の大規模な製造を実現したいと考えています。この計画は、私たちが今実行に移さなければいけない野心的なものであり、我々の気候に関する長期目標を達成するための大きな手段であると同時に、エネルギー転換と経済の拠点であるハンブルク州にとって大きなチャンスです。今後は、同港やムーアブルク周辺のガスパイプライン網を拡大し、水素を産業や大企業に供給します。これにより、産業の脱炭素化を実現させるでしょう。いよいよ、水素の未来が形を帯びてきており、ハンブルク州は、この分野で先頭を走っていきます。ハンブルク州政府は、この協定を支持し、ハンブルクの公社は重要な役割を果たしていきます」。

ハンブルク州経済大臣のMichael Westhagemann氏:
「私は、かねてからモーアブルクのプロジェクトの可能性を信じてきました。ハンブルクにおいて、この規模の水電解式水素製造装置に適した場所は他にありません。380kVの接続と独ブルンスビュッテルへの接続を通じて、風力発電によるグリーン電力の供給に直接アクセスすることができ、グリーン水素を実際に相当量生産する可能性があります。今回の発表が、港湾の長期的な脱炭素化とハンブルグ都市圏における競争力のある水素経済の実現に向けた大きな一歩であることを誇りに思います」。

三菱重工業エナジードメイン長の細見 健太郎常務執行役員:
「我々は、エンジニアリングとテクノロジーの専門知識を適用することで、提携企業と共にこのプロジェクトを実現したいと考えています。ハンブルクの産業構造にしっかりと組み込まれたグリーン水素ハブを構築することで、水素経済が現実のものであり、エネルギーシステムや重工業における脱炭素化に大きく貢献することをヨーロッパや世界に示しうるでしょう」。

ドイツにおけるシェル社CEOのFabian Ziegler氏:
「グリーン水素は将来、エネルギーシステムにおいて、また当社にとって非常に重要な役割を果たすことになります。当社は、洋上風力による発電から、グリーン水素製造能力の拡大、交通・輸送やその他の産業への供給・利用に至るまでの水素バリューチェーン全体の構築を目指しています。このためには、当社は強力なパートナーとともに協業しなくてはいけません。その意味で、この4社でのコンソーシアムのプロジェクトは、模範的だと信じています」。

スウェーデンの総合エネルギー会社バッテンフォール社のAndreas Regnel氏:
「再生可能な電力によるグリーン水素の製造は、産業と輸送の脱炭素化の鍵となります。当社は、今後一世代以内に、化石燃料を使わない生活を可能にしたいと考えており、再生可能エネルギーを利用した発電の開発を続けていきます。このプロジェクトでは、当社の知見と経験に加えて、水素の大規模製造を行うのに必要なインフラを有するモーアブルクの用地を提供します。こうした貢献を通じて、ハンブルグ州およびその産業が野心的な気候目標を達成することを支援できることを嬉しく思います」。

ハンブルグ熱供給公社(Wärme Hamburg GmbH)およびガス供給公社(Gasnet Hamburg GmbH)CEOのChristian Heine氏:
「水素は、単なるエネルギーの貯蔵媒体に留まらない、大きな可能性を秘めています。当社は、気候変動に影響しない、あらゆる形態の排熱源の開発と利用に力を入れていることから、水電解式水素製造に関する本計画に参画することにしました。また、モーアブルクの既存設備や、他の再生可能エネルギーの活用について、評価していきます。モーアブルクは、再生可能エネルギーの革新的な都市拠点としての可能性を秘めています」。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/210122.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


伊ターボデン社、エジプト天然ガスパイプラインのGCS向けに排熱利用のバイナリー発電設備を初受注
2021年02月16日 13時40分
 
三菱重工、メタン熱分解で先進技術を持つ米国C-ZERO社に出資
2021年02月10日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、独自の空間浄化技術による新型コロナウイルス除去・不活性化を実証
2021年02月10日 14時30分
 
三菱重工、磁気誘導式の防爆無人搬送車(AGV)を開発、初号機を納入
2021年02月09日 11時00分
 
三菱重工業、役員人事の件
2021年02月04日 16時00分
 
三菱パワー、ボイラー事業の国内拠点を再編
2021年02月04日 13時00分
 
三菱重工:フィリピン/パラヤン地熱発電所における29MWバイナリー発電プロジェクトを受注
2021年02月03日 11時00分
 
三菱重工業とデンマーク・ヴェスタス社、風力発電設備販売の新会社が営業を開始
2021年02月01日 17時00分
 
MHIEC、処理能力530トン/日の一般廃棄物焼却施設を長寿命化
2021年01月25日 11時00分
 
三菱重工など、カナダ・アルバータ州セメントプラントで低炭素化に向けたCO2回収・貯留システムの案件形成調査を開始
2021年01月22日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>